美容・健康の最新記事

「普通だね」は褒め言葉…「こういう子いる!」と思わせる伊藤沙莉の秘密

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




子役時代から数多くの作品に出演し、その演技力が高く評価されている女優の伊藤沙莉(いとう・さいり)さん(25)。

伊藤さんと言えば、2018年に放送されたドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)での“ちょっと癖のあるOL”役や、今夏に放送された『これは経費で落ちません!』(NHK総合)での“天真らんまんでどこか憎めない後輩”役も記憶に新しいのではないでしょうか?

11月8日公開の映画『生理ちゃん』(品田俊介監督)で伊藤さんが演じたのは、夢を諦めてフリーター生活を送りながら、SNSで毒を吐きまくるりほ。二階堂ふみさん演じる編集者・青子とともに生理ちゃんに振り回されながらも仕事や恋愛、人生に奮闘する女性を演じています。

「『普通だね』は褒め言葉」と話す伊藤さんに、演じるときに意識していること、仕事で決めているルールについて伺いました。

映画『生理ちゃん』の1シーン。伊藤さんは自分の気持ちに素直になれない山本りほを演じた。

映画『生理ちゃん』の1シーン。伊藤さんは自分の気持ちに素直になれない山本りほを演じた。

どの役に対しても等身大でいたい

——話題のドラマに次々と出演されています。SNSで「こういう人いる!」「普通の人の演技がうまい」と伊藤さんの演技を絶賛する声も多いですが、ご自身で意識されていることはありますか?

伊藤沙莉さん(以下、伊藤):“普通の人”の役を演じたときに「普通だね」とよく言われるのですが、褒め言葉だなあと思っています。

見ている人に、「いるいる、こういう子」とか「こういう後輩、周りにもいる」と思っていただけることで、その人の生活を見ているような、画面やスクリーンの中にもう一歩入ったような感覚になるのかなって。そうやって自分が演じる役を正しいところに導いていければうれしいですね。

だから、邪魔なことはなるべく排除したいし、自分自身もなるべく普通でいたいなと思います。必要以上に小さくなる必要もないし、だからと言って大きすぎても気持ち悪いし。どの役に対しても、ありのままの等身大でいられたら一番いいなと思います。

——「邪魔なこと」というのは?

伊藤:自分の余計な我を出して、見ている人に押し付けたり……。「私だったらこう思うから(演じる役の)この子もこうだよね」というのは、「伊藤沙莉」でしかない。

「私だったら」ではなくて、「この子だったらこうするだろう」とか「この子だったらこう考えるだろう」というのを心掛けるようにしています。

——それは子役の頃から意識されていたのでしょうか?

伊藤:実は、いつも話しながら「あ、私はこう思っていたんだ」と思うんです。こうやって話を聞いてもらえることで自分が何を考えているか分かるというか……なので、今のご質問も話しながら「私はこう思っていたんだ」と今、思いました(笑)。

191006_10wotopi-0118

仕事で決めている自分ルールは?

——伊藤さんが仕事をする際に決めている自分ルールってありますか?

伊藤:やっぱり、常に周りを見るというところですかね。

——「周りを見る」ですか?

伊藤:監督がやりたいことと自分がやりたいことが違うこともありますし、作品というのは、各部署やみんなが頑張って作り上げるものだと思います。監督や照明部、録音部などいろいろな部署が「よし、これでいこう!」となってやっと成り立つものだと思うので、そこで自分の意見がバシッと一発で通ったとしても一回は周りを見渡すようにはしています。もちろん自分はこうしたいという意思を伝えるけれど、「どうでしょうか?」と周りや相手の意見も聞く。

——自分の意見が通るのは気持ちがいいし、うれしいものだけれど……。

伊藤:大人になるにつれて「伊藤さんはどう思う?」と意見を求めてくださる場面が多くなってきたのはありがたいとは思うのですが、一方ですごく責任を伴うものだとも思っていて……。

私、「決める」ということがすごく苦手なんです。本当に難しいなと思っていて、「もうそっちで決めてよ」って思うこともあるくらい(笑)。でも、決断を託されたときは、やっぱり“自分”は一回置いておいて、周りとの妥協点や落としどころを見つけようというのは意識しています。

——それは読者も思い当たる部分があると思います。経験を積むにつれて自分の発言や声が大きくなっていくけれど……。

伊藤:そうなんですよ! 役が大きければ大きいほど発言力が高まることがあるし、自分がポロッと言ったことがかなっちゃったりする。だからこそ、慎重にならないといけないなと思います。みんなが納得できるように進んでいくのが一番いいなと思うので、なるべく周りを見るようにしています。

191006_10wotopi-0092

内面が読めないミステリアスな役に挑戦したい

——今後、挑戦してみたい役ややってみたい役はありますか?

伊藤:子役のときは人をいじめる役が多かったので「いい人をやりたい」とずっと言ってきたんです。そしたら、そういう役に恵まれるようになりました。「言霊ってすごいなあ」と思いました。

今回はりほちゃんという内向的な女の子の役だったのですが、こういう「陰」の空気をまとった役はセリフが少ない分、それ以外の部分で表現するのが難しくもあるし面白いなあと思いました。そんな役をもっとやってみたいですし、今後は大人の役やなかなか内面が読めないミステリアスな役に挑戦して、見ている人をハラハラさせたいですね。

■映画情報
『生理ちゃん』 
公開表記:11月8日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開
配給:吉本興業
(C)吉本興業 (C)小山健/KADOKAWA

映画『生理ちゃん』メインビジュアル

映画『生理ちゃん』メインビジュアル

(聞き手:ウートピ編集部・堀池沙知子、写真:宇高尚弘)

情報元リンク: ウートピ
「普通だね」は褒め言葉…「こういう子いる!」と思わせる伊藤沙莉の秘密

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.