美容・健康の最新記事

松坂桃李「この作品は心の栄養になる」 映画『あの頃。』インタビュー

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




2021年2月19日公開の映画『あの頃。』(今泉力哉監督)で主演を務める松坂桃李さん。ふとしたきっかけで「ハロー!プロジェクト」にハマり、遅れてきた青春を捧げるアイドルオタクを演じています。

本作は、『あの頃。男子かしまし物語』(イースト・プレス)を実写化。原作者の劔樹人さんが、「推し」を通じて出会った大切な人たちとの愛しい日々を記録した作品です。

「いま、このタイミングで本作が公開されることに意味があると思う」と話す松坂さんに話を伺いました。前後編の前編です。

matsuzaka1-1

“松浦先輩”のキラキラが今も鮮明に

——本作のオファーを受けたときの感想を教えてください。

松坂桃李さん(以下、松坂):話をいただいたとき、運命めいたものを感じました。というのも、僕が中学1年生のときに同じ学校の3年生に松浦亜弥さんがいたんですよ。遠目に見ていただけでしたが、歩くたびにキラキラしたものが見えるようで……「これがスターなのか!」と。その記憶が鮮明に残っていたので、マネージャーさんから「あややのことが大好きな男の役です」と言われた段階で、「はい。やりましょう!」と二つ返事でお受けしました。

——その「あややファン」の劔さんを演じるうえで、気をつけたことや意識したことはありますか?

松坂:いまも第一線で活躍されている劔さんを演じるのは、やはりプレッシャーを感じました。実際にお会いして話をしてみると、すごく物腰が柔らかい方でした。けれど、「絶対お腹の中で毒を吐いているだろうな」とも感じたので、ただ優しいだけではない部分も大事に演じることを意識しました。

——たしかに。仲野太賀さん演じるコズミンの悪事をこっそり録音して、イベントにしてしまうシーンもありましたね。

松坂:ちょいちょいそういうことをするんですよね(笑)。

原作の『あの頃。男子かしまし物語』(イースト・プレス)

原作の『あの頃。男子かしまし物語』

歌唱シーンは「この感じでいくしかありません」

——本作ではベースを演奏するシーンもあります。松坂さんは左利きなのに、右利きで演奏されていますよね。

松坂:いやぁ、大変でした。この先、できれば習得系は避けられたらと思っています(苦笑)。劔さんは「テキトーで大丈夫っすよー!」とおっしゃるんですけど「いやいや! 全然、適当じゃないです!」って。

——適当のクオリティが違った、と(笑)。けれど、松坂さんはどの作品でも見事に習得なさっていて、さすがだなと思います。そういえば、劇中には歌唱シーンもありますね。

松坂:監督には「うまく歌う必要はないですよ」と言われましたが、もしうまく歌うように指示があっても「この感じでいくしかありません」と提供するのみ。僕に選択肢はありませんから(苦笑)。若葉竜也くんは、あえてちょっと外して歌っていましたけどね。

——今泉監督とは初のお仕事となるそうですが、印象はいかがでしたか?

松坂:監督は、ひじょーーーに、人見知りっぽい雰囲気の方です。けれど、心の中では雄弁な感じというか。たまにメールで連絡がくるとき、文章はすごく雄弁だったりするんですよね。ふふふ。

『あの頃。』の現場に関していうと、温かく優しく、生々しく。ちょっとした生っぽさのようなものを大事にする演出をなさっていました。現場で演者が見せたものを、監督が温かく料理していくような感覚で、アドリブが入っても、監督の演出でうまく鮮度を保ったまま、お芝居としてちゃんと続けられたと感じました。

matsuzaka1-2

「中学10年生」のような時間

——コカド(ケンタロウ)さんは「昔から友達だったかと錯覚するくらい気の合う共演者の皆さん」とコメントをされていました。現場の雰囲気について教えてください。

松坂:わりと短い撮影期間だったのですが、和気あいあいとして居心地のいい現場でした。学生の頃の部活動のノリでしたね。誰かが歌唱シーンの練習をしていると、ひとり、またひとりと歌い始めて、最後は全員歌っている感じとか。まさに「中学10年生」のようでした。

それから、今回の現場には「(原作の)恋愛研究会。」の方々が現場に来てくださったんですよ。迷惑なことに(笑)。

——迷惑!

松坂:ご本人に見られていると思うと緊張して、落ち着かないじゃないですか。……とは言いつつも、助けられた部分も多くありました。本当にこういう方なのだなと確認できたり、発見もあったり。細かな部分を掘り下げることができました。

matsuzaka1-3

『あの頃。』は、心の栄養になる作品

——少し前に、コメディ作品に参加したいとお話しされているのを拝見しました。今作はコメディではないけれど、明るい役でした。撮り終えていかがですか?

松坂:そうですね。ここ最近、重たい役が続いていたので、もう少し気楽に観られる作品に参加したいと思う気持ちがありました。『あの頃。』の現場はとても楽しかったです。

——出来上がった作品を観て、どんなことを思いましたか?

松坂:最初に試写を観たとき、この作品は心の栄養になると思いました。決してメッセージ性の強い作品ではないけれど、甘酸っぱい青春の群像劇を通じて、それぞれの“あの頃”——好きなことを友人と共有していたあの時間——を思い出せるというか。そんなことを感じるだけでも、心の中に優しい風が通って、温かい気持ちになれるのではないかと思いました。このタイミングでこのような作品を公開できることにも何か意味があるような気がしています。

■作品情報

anokoro

2021年2月19日(金)より、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
©2020『あの頃。』製作委員会
公式サイト https://www.phantom-film.com/anokoro/
Twitter @eiga_anokoro

後編は2月17日(水)公開予定です。
(取材・文:安次富陽子、撮影:宇高尚弘)

情報元リンク: ウートピ
松坂桃李「この作品は心の栄養になる」 映画『あの頃。』インタビュー

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.