美容・健康の最新記事

前田敦子が2歳の息子に教えられたこと。Huluオリジナル「死神さん」インタビュー

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




「逃げ得は許しません——」。“死神”と呼ばれるクセモノ刑事が、冤罪となった事件の真相に迫る痛快ミステリードラマ、Huluオリジナル「死神さん」が、Huluにて9月17日(金)より独占配信中です。

田中圭さん演じる主人公・儀藤が毎回異なる“気の合わない相棒”と、破天荒なやり方で事件の真相解明に挑む物語。原作は大倉崇裕さんの同名小説(幻冬舎文庫)で、「金田一少年の事件簿」や「TRICK」シリーズ、「SPEC」シリーズで知られる堤幸彦監督が本作のメイン監督を務めました。

ドラマ版オリジナルのキャラクターで、儀藤の「連絡係」として登場する巡査長・南川メイを演じた前田敦子さんに、撮影中のエピソードなどをうかがいました。

3987

堤監督の現場は毎回楽しい

——オファーを受けてどんなことを思いましたか?

前田敦子さん(以下、前田):堤監督が私の役はオリジナルだから原作を読まなくても大丈夫だとおっしゃったので、まず脚本から入りました。読んでみて、メイには監督の笑いのセンスが託されていると感じたのが最初の印象です。笑いだけでなく、シュールな部分もしっかりと描かれていたので、きっと楽しい現場になるだろうと思いました。

——実際、撮影はいかがでしたか?

前田:とても和気あいあいとした雰囲気で撮影が進みました。監督の現場は毎回本当に楽しいんですよ。無茶ぶりも多いのですが、それをうまくキャッチできると嬉しい。監督ご自身が楽しみながら演出をされているので、私も楽しまないともったいないなって。

メイを演じるうえで意識したのは、声の大きさです。躊躇(ちゅうちょ)してしまうと、恥ずかしい感じになる気がして。周囲のことを気にせず喋っている子だと思ったので、自分を貫き通すという性格を表現するには声量を大きくするのがいいのではないかと。

——儀藤がボソボソと喋るのとは真逆ですね。

前田:二人のアンバランスさが際立つようにしながら、不自然になりすぎないようにというバランスも意識しました。監督の作品での私って、普通じゃない子の役ばかりで……(笑)。こんな感じでいいのかな? と思ったりもするのですが、戸惑いや違和感があるというのは、自分が知らない自分に出会えているってことですよね。監督の作品に出ると、新しい自分を作っていただいている感覚があります。それに、私は“良い女性”を演じてくださいとオーダーされるより、こういうクセのある女性の役に挑戦するほうが楽しさを感じます。

——儀藤というキャラクターにはどんなことを感じましたか?

前田:彼もクセのある性格ですが、チャーミングな部分を持っている人だと思いました。悪いことは悪いと忖度せずに言えて、信念を貫くために行動する。プロ意識の高い刑事ですよね。各話に登場する“気の合わない相棒”たちも儀藤と組むことで変化していきます。人の心が揺れ動く様子にも注目していただきたいですし、事件解明シーンでの儀藤の長ゼリフも見どころです。

作中より

作中より

心がけているのは「直接話す」こと

——前田さんは今年から、フリーランスとして活動されています。「周囲と信頼関係を築きながら作業するのが楽しい」とお話しされていましたが、前田さんなりの信頼関係の築き方について教えていただけますか?

前田:自分が信頼してもらうためには、仕事の面では、真剣に向き合うことが一番だと思います。自分が本気で向き合って、相手からも同じくらいの熱量が返ってくると嬉しいですし、関係も強くなる気がします。だけど、それが独りよがりにならないように。みんなで一緒に進んでいくよう気をつけています。楽しさは大事にしつつ、楽しいだけじゃなくて、どうしたら同じ方向を向けるかは常に考えていますね。

——そのために何かしていることはありますか?

前田:ちゃんと発言するようにしています。考えていることを言わなかったせいで、「この人はこう考えているんだろうな」と想像されるのが誤解のもとになると思うので。人間関係を一歩誤ると、大きな困難に繋がったりしますよね。だから、楽しい空気を作るときも、真剣にディスカッションするときも、自分の言葉で直接話すようにしています。

——そうですね。大人になるとなかなか、関係を築くのに遠回りしてしまうというか、自分の経験から相手の気持ちを勝手に考えてしまいがちというか……。

前田:そうですね。でも、もう少し肩の力を抜いて人の懐に自分から飛び込んでいけばいいんだなって、2歳になる息子に教えられました。

子どもって本当に無邪気で。遊びたい人のところに自分から近づいていくんですよ。「ねぇねぇ、遊ぼう」って。それに対して、嫌がる人に会ったことがなくて。あなたと遊びたいから、一緒に遊んでほしいという素直な気持ちと態度。それがすごく大事だと思いましたし、大人だってそうあっていいんだよな、と気付かされました。

3976

他人の声より、自分の心の声に気をつけたい

——そうですね。前田さんは「もう大人なんだから、こうするべき」とか「お母さんだから」といった言葉を気にすることはありますか?

前田:そういう声が聞こえてこない生き方ができているので、外からの声に悩むことはほとんどありません。それよりも、自虐や自分で自分を型にはめてしまうことのほうに気をつけなきゃと思うことが多いです。

——自分で。

前田:はい。誰もが経験があると思うんですけど、「もう30歳だから、あの服は着られない」とか。でも、それって絶対違うなって思うんです。「20代じゃないのに、こんな格好をするのは恥ずかしいかな?」なんて、自分でも無意識に言ってしまうのですが「いやいや、ミニスカートを穿いてもいいよね!」って。歳を重ねても好きなことをして、好きな服を着て。そうやって生きている素敵な女性もいるじゃないですか。だから、自分で自分を縛り付けるようなことは言わないように気をつけたいです。

3959

■Huluオリジナル「死神さん」

master_art_template_3840_2160_Hulu_Original_0805_6

Huluで毎週金曜、1エピソードずつ配信中(全6話)各話約50分

【出演】田中圭 前田敦子
ゲスト:小手伸也 蓮佛美沙子 りんたろー。 長谷川京子 竹中直人 他
【原作】大倉崇裕「死神さん」(幻冬舎文庫)
【演出】堤幸彦(第壱話・第弐話・最終話)、藤原知之(第参話・第肆話)、稲留武(第伍話)
【主題歌】「浮世小路のblues」宮本浩次(ユニバーサル シグマ)
【公式サイト】https://www.hulu.jp/static/shinigamisan/

©️HJホールディングス

(取材・文:安次富陽子、撮影:面川雄大)

情報元リンク: ウートピ
前田敦子が2歳の息子に教えられたこと。Huluオリジナル「死神さん」インタビュー

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.