美容・健康の最新記事

今のところ大丈夫なんだけど…“モラハラ疑惑”のパートナーとの付き合い方は?

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




恋愛経験をある程度積み重ねてきて、酸いも甘いも知っているオトナだからこそ、パートナーにあえて「言わない」ことをあえて拾って、恋愛コラムニストの桐谷ヨウさんにアドバイスをいただく連載「◯◯って言わない女子」。

ヨウさーん! 今回はこんなつぶやきを発見しましたよーー!!

【今回のつぶやき】

「あなたはモラハラなの?」

今、付き合っている彼は年上の肉食系で頼りがいがある彼です。この前、学生時代の友達と会った時に、帰りが遅くなるからと車で迎えに来てくれたのですが、その様子を見ていた友達のひとりから「彼に支配されてない? 大丈夫?」と心配されました。

なんでも、彼女の元カレが支配的なタイプだったらしく、最後にはストーカーになって別れるのが大変だったそうです。その彼に行動が似ているらしく私のことが心配になったみたいです。私自身、これまで草食系の人と付き合うことが多かったため、今の彼は初めてというか珍しいタイプです。私のことを女の子扱いしてくれるのがうれしい面もあります。

今のところ、何かあったわけではないですが、友達の一言が気にかかってないと言ったら嘘(うそ)になります。自分の本当の気持ちが分かりません。

相手のウザさを楽しめるうちは愛の証し

ご無沙汰しておりました! ヨウさんです。しばらくぶりですがこの連載はやっぱり面白いですね。ご相談を拝見して、その内容に想像を膨らませる。そこからいろんなことに思いを馳(は)せてしまいます。さて、今回の内容で思ったのは2つでした。

ひとつは「彼の本質はモラハラをやっちゃうような支配的なタイプか?」と、もうひとつは「友達の心配の背景には何があるか?」ですね。

前者については、実態は分かりません(笑)。けど、今までの彼氏と違うところが新鮮ならそれで良いじゃないですか。女の子扱いされることを楽しめば良いですし、グイグイ来るウザさを楽しめるうちは愛の証しと考えて良いと思います。

友達の心配が引っかかるのは、自分自身が受け止められてないだけかもしれないですね。女の子扱いされる自分に許可を出せていない可能性があるのかも。まぁ、自分のキャパや価値に気付くためにも、受け止めていくトレーニングとしてじゃぶじゃぶ女の子扱いされちゃえば良いのではないでしょうか。

恋愛は相手を見つめること、それは間違いないですが、その人を媒介にして、新しい自分の可能性に触れることが大きな醍醐味(だいごみ)でもあります。そういう意味で、彼を活用しちゃいましょう。

「もしかしてモラハラ?」と思ったら…

さて、モラハラ問題は難しいですが、俺が考える「めっちゃウザい奴」というのは、概して“自分の価値観だけを正義として、それに即しない言葉・行動に怒りを発動し、相手に対して介入を行う人”です。

一般的なモラハラというのは、その介入が過激で、立場や体力差を背景に暴力的介入を行うこと、と言えるのではないでしょうか。

そういう観点で、彼が自分と違うあなたの価値観に触れたときに「面白いね」となるか? あなたが彼の意に沿わない言葉・行動をしたときに(少なくとも)感情的にならないか? そして、ウダウダ言ってこずに少なくともスルーをしてくれるか? あたりを注意深く見ていれば、彼の本質には気付けるでしょう。

上で挙げたのはモラハラチェッカーとして覚えといてください。

友達が心配した理由は?

それでは、ふたつめである友達の心配について思ったことを書いてみます。支配的な元彼がストーカー化ってこわっ。いや、笑い事じゃないんですけれど。

最近聞いた知人の話なんですけど、彼の部署の人がパワハラ社長にどう喝されたんですって。このご時世にあり得ないレベルで。普段から彼は人をナメているタイプなので(笑)スルーしてたっぽいのですが、その場に一緒にいた女性社員が尋常じゃなく固まっちゃったみたいです。

それで、フォローがてら彼女と一緒にランチしたところ、彼女が過去に離婚した原因がDVだったそうで、ホッとした瞬間にわんわん泣きだしたそうです。彼は「パスタの味がしなかったよ」と話していましたが、トラウマや薬物のフラッシュバック現象について、「こういうことか」と思ったそうです。

何を言いたいのかというと、過去に強烈な体験(ときに身に危険を及ぼすような)をした人は、過剰に反応してしまうことがあるということです。それほどに心身に植えつけられてしまう体験というものが存在します。

そして「それは過剰反応なので無視しちゃいましょう」ということではなく、そうした人の危機察知能力はけっこう高くて、おそらく車で迎えに来たこと自体ではなく、車から降りた彼の雰囲気や所作を見て、何らかを感じたのではないかなー? ということです。あくまで俺の想像ですけれどね。

もしそうだったら、何らかのスイッチが入った瞬間に、彼女の言っていることは現実になる可能性もあると思います。前半で書いた部分と矛盾するようですが、「ヤバい」と思った時には遅いです。「ん?」と気になり始めた頃には離脱してください。

そして切るときには温情を見せずにやるときは徹底的に切ってください。二人の間で解決できない場合は、早めに外に頼ってください。それは腕っぷしに自信ある友達に脅してもらうことかもしれないですし、国家権力に頼ることかもしれません。徹底的に関係を切る方向に行動を寄せてください。

どうしたいかはご相談者さま次第ですが、とはいえ新しい恋愛を楽しんでください! 応援しています。

(イラスト:つぼゆり)

情報元リンク: ウートピ
今のところ大丈夫なんだけど…“モラハラ疑惑”のパートナーとの付き合い方は?

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.