ごはんジャパン 本物を探す旅へ 料理

ごはんジャパン 本物を探す旅へ 千葉県富津産の“江戸前海苔"で江戸前寿司(田中律子+前田康衛)

更新日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




 

今回の、ごはんジャパン 本物を探す旅へ は
千葉県富津市産の江戸前海苔。そのおいしさの秘密を求めて、
寿司職人の前田康衛さんと、田中律子が富津漁港へ!
江戸前寿司の“匠"前田親方が、房総の春を握る!!
2018年3月24日(土) 18時30分~18時56分 です。

今回は、”日本のへそ”富津からの江戸前海苔の紹介です。

水温の上昇と魚による被害により
年々漁獲量の減る江戸前海苔ですので、今回の放送も
貴重ですね!

さてどんなパリパリ海苔が出来るんでしょうか?

 

豪快!“浮き流し漁法”による江戸前海苔の収穫

今回注目するのは、千葉県富津市産の江戸前海苔。
寿司職人の前田康衛さんと、田中律子が、江戸前海苔の一大産地として知られる
富津漁港を訪れる。

富津漁港の海苔は網の周囲に浮きを付け、海面に浮かして海苔を育てる
“浮き流し漁法"。
海苔漁の“匠"、浜名富彦さんたちは“潜水艦"とよばれる船に乗り、
船ごとそのまま網の下に潜って収穫するというが、漁を見学した2人はその豪快さにビックリ!!

 

昔にくらべると10倍以上の漁獲量と作業量の削減が
この方法で出来ています。

漁獲から4時間で、江戸前海苔の完成です。
早いです!

 

『千葉県産の江戸前海苔』を楽天で見てみる

『千葉県産の江戸前海苔』をamazonで見てみる

 

 

さていよいよ江戸前寿司の完成!

そしていよいよ、江戸前寿司の“匠"前田親方が腕を振るう!!握るのはスミイカやアナゴ、
ハマグリなど春の房総の味覚。
親方はどうやって江戸前海苔を使うのか!?海苔が最もおいしく味わえると言う、
前田流のかっぱ巻きとは!?

   
   

よし子
先週の放送はこちらです^^
ごはんジャパン 本物を探す旅へ 瀬戸内海:津和地島 新玉ネギでハヤシライス(つるの剛士+大宮勝雄)

  今回の、ごはんジャパン 本物を探す旅へ は 瀬戸内海に浮かぶ島、津和地島。段々畑で育てられた 新玉ネギのおいしさの秘密を求めて、洋食界の巨匠・大宮勝雄シェフと つるの剛士が島へ。絶品ハヤ ...

続きを見る

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ごはんジャパン 本物を探す旅へ, 料理
-,

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.