美容・健康の最新記事

『ドライブ・マイ・カー』『大豆田とわ子と三人の元夫』チャレンジを続ける岡田将生

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




8月20日(金)に全国公開された映画『ドライブ・マイ・カー』。愛する妻を亡くした演出家の主人公・家福(かふく)を西島秀俊さん、家福の舞台に出演する若手俳優・高槻を岡田将生さんが演じています。村上春樹による同名の短編小説に、さまざまなモチーフを取り入れて練り上げられた脚本は、カンヌで日本映画初の脚本賞を受賞しました。

岡田さんへの全3回のインタビュー。この最終回では「大切だから秘密にしておきたい」という本作の思い出や、さまざまなチャレンジを経たこれからのことをうかがっています。

劇中より

劇中より

大切な現場の思い出は、秘密にしておきたい

——今作では、西島秀俊さん演じる演出家・家福の舞台に、さまざまな国籍の俳優が出演するというストーリーがあります。多様な言語や手話を扱う方々との共演は、いかがでしたか?

岡田将生さん(以下、岡田):とても楽しかったです。表現の仕方も違うし、まったくコミュニケーションがとれないところからはじまるのが新鮮でした。お芝居をつくっていくなかで、言葉が違う女優さんと、目だけで語り合う時間があったんです。そうすると、少しずつ心が開いていくような瞬間があって……以降は、演技がやりやすくもなりました。お互いの役を尊重しつつ、そういう信頼関係をもってシーンを成立させていく時間が、すごく面白かったです。

——現場の雰囲気もよさそうですね。

岡田:いい緊張感に包まれていました。……ただ、自分のなかで、この作品は本当に大切なものになっているんです。だからちょっと現場の思い出をあんまり話したくないっていう気持ちがあるんです(笑)。ほかの現場とは全然違う空気感のことも、監督とお話した内容も、大切にとっておきたい。でも、そういう自分がいるってことは、それほどこの作品が好きなんだなってことです。とはいっても、せっかく取材していただいている方々に失礼なので、頑張ってお話しているつもりなんですが(笑)。

——大切なものは、秘密にしておきたいタイプなんですね。

岡田:いままでそんなふうに思ったことなかったんですけど、今回はちょっと秘密にしておきたいです。

いろんな役がやりたい。30代、恐れずに進む

——それほど思い入れの強い作品を経て、これからどんな活動をしていきたいと思われていますか?

岡田:まず、多くの人にこの映画のことを知ってもらいたいという思いが強いです。映画館に出向くのは難しい時期かもしれないですが、なんとか観ていただきたい。そして、今後もいろんな映画に出ていきたいという気持ちが、この作品との出会いでより強まったように思います。

——そもそも、ここ数年の岡田さんはチャレンジングですよね。ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のうざかわいい元夫、舞台『物語なき、この世界。』の売れないダメ俳優、そして今回演じた高槻など、従来のパブリックイメージを崩していく役が多いように思います。

岡田:もともと、いろんな組やいろんな現場を経験することはとても大切だと思っていました。だからここ数年に限らず、10代のころから、なるべく同じところに留まらないでチャレンジしていこうとは意識していて。でも、10代20代はどうしても等身大というか、自分に近い役が多くて。だけど30代に入り、新しいジャンルに挑戦できることが増えてきたので、いっそう恐れずに進みたいと感じています。

いい作品を手繰り寄せて、またひとつ先のステージへ

——ここ最近の作品のこと、始終すごく楽しそうにお話されますね。岡田さんには、いま「俳優という仕事」がどんなふうに見えていますか?

岡田:『ドライブ・マイ・カー』に参加できたことで、仕事への向き合い方は変わったかもしれません。またひとつ、違うステージにいきたいなという気持ちが芽生えてきました。今作のあとに撮った『大豆田とわ子と三人の元夫』も、すごく楽しかったんですよ。あのキャストと、あの瞬間にしかできないお芝居がたくさんありました。

今作ではとくに、西島さんがつくってくださる空気感がすごく心地よかったんです。昔から知っている大先輩ですし、ずっと一緒にお仕事をしてみたかったのもあって、最後に少しお話をさせていただきました。じつは、そのとき西島さんにかけられた言葉をきっかけに、役や映画との向き合い方に抱えていた不安が、一気にあふれてきて……あぁ、こういう言葉をかけられる先輩になりたいなって、心の底から思えたんです。

——それは、どういう言葉だったんでしょう。

岡田:秘密です(笑)。主演として作品を引っ張ってくださる姿には、その方の人柄がにじみ出るなと思いました。今回は、自分自身でもびっくりするようなシーンが撮れて、どこか現実味がなかったりもするんです。だけど、これから先これを超える演技をして、西島さんに見てほしいなって思います。

0812wotopi_okada_032

■作品情報

『ドライブ・マイ・カー』

sub5

8月20日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
公式サイト dmc.bitters.co.jp

(ヘアメイク:小林麗子(do:t)、取材・文:菅原さくら、撮影:西田優太、編集:安次富陽子)

情報元リンク: ウートピ
『ドライブ・マイ・カー』『大豆田とわ子と三人の元夫』チャレンジを続ける岡田将生

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.