「 shoriikeの記事 」 一覧

自分の“色”をどんどん出して! 雑談が面白くなる条件って?【DJあおい】

【今週のボヤき】 今の会社に転職してきて1年ほどたつのですが、コミュニケーションの仕方が「相手が期待する答え」に合わせにいくコミュニケーションをする人が多くて戸惑っています。 これまでいた会社は、アイ ...

自分まわりの花粉スポット、ここに絶対注意!【耳鼻咽喉科専門医に聞く】

今年もまた、花粉による鼻水、くしゃみ、目のかゆみのつらさを思うと、春を迎えるのが憂うつになる人も多いのではないでしょうか。耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長は、「花粉症 ...

小さすぎるショーツはラインがくっきり! 段差を解消するアイテム【ボトムズ編】

前回は、背中の段差を解決する下着を紹介しましたが、今回はその下半身編。お尻やウエストに段差ができにくい下着を紹介します。 自分の目では確認しにくい背中のハミ肉と違い、ウエストの“ハミ肉”は一目瞭然。た ...

脱・二重あご! フェイスラインをスッキリするツボ&マッサージ【鍼灸師が教える】

「鏡をみるとふと、顔のむくみかたるみか太りすぎか、フェイスラインがぼやけて、二重あごになっていることに気づいてがく然とした」という読者のお悩みが届きました。 ケアする方法はないものかと、鍼灸師で太子橋 ...

「日本人はどうしてキレイなの?」海外で投げかけられる言葉と私を窮屈にするものの正体

★ニュース★あたそさんの新刊『孤独も板につきまして 気ままで上々、「ソロ」な日々』(大和出版)が2月11日に発売されました! 祈りを捧げている人を見つめながら考えること アーメダバードの旧市街には、カ ...

人に会ってもすぐに帰りたくなる…HSPの人づきあいのヒント

「友達と会うのは楽しいけれど、どんなに仲が良くても2時間が限界」「声の大きい人や威圧的な人が苦手」「近くに不機嫌な人がいると自分のせいだと思ってしまう」——。 人の顔色が気になって一喜一憂し、敏感さゆ ...

花粉症の人は寒暖差アレルギーに注意…市販薬の選びかたとセルフケア法【専門医が教える】

暖かい屋内から寒い場所へ移動したときや起床時などに、急なくしゃみの連発、鼻水、鼻づまりに悩まされる症状を「寒暖差アレルギー」と呼びます。その特徴とセルフケアについて、前後編でご紹介しています。 前編の ...

「寒暖差アレルギー」と風邪・花粉症はどう見分ける?【耳鼻咽喉科専門医が教える】

暖房が効いた部屋から屋外に出たときや、朝布団から出たとき、冷える夜などに、急にくしゃみが連発し、鼻水も垂れてくることがあります。それも、毎日しつこく起こります。同じ症状の人は多く、「風邪かインフルエン ...

リアルなのはサエちゃんをめぐる人間関係 『架空OL日記』の魅力【バカリズム×佐藤玲】

「月曜日はみんないつもより性格が悪い」 「更衣室のハロゲンヒーターの故障は、私たちにとって命に関わる問題」 「更衣室ではよくコンセントをめぐって揉め事が起こる」 バカリズムさんが銀行に勤める「私」を演 ...

憂うつや不安感に…ツボケア「体」編3つ【心療内科医に聞きました】

冬は憂うつ感が増す、うつ病の患者さんが増えるということで、その症状や原因、またセルフケアの方法について、心身医学専門医・心療内科医で、野崎クリニック(大阪府豊中市)の野崎京子院長に連載でお尋ねしていま ...

なんで私たちのことが分かるの? バカリズムに聞く『架空OL日記』のリアルさの秘密

「月曜日はみんないつもより性格が悪い」 「更衣室のハロゲンヒーターの故障は、私たちにとって命に関わる問題」 「更衣室ではよくコンセントをめぐって揉め事が起こる」 バカリズムさんが銀行に勤める「私」を演 ...

自分とは異なった考え方の人がいる。それだけで存在することが許されている気がする

★ニュース★あたそさんの新刊『孤独も板につきまして 気ままで上々、「ソロ」な日々』(大和出版)が2月11日に発売されました! またたく間にプライベートが拡散される 日も昇らぬうちに宿を出て、バスを2つ ...

気づいてないのは自分だけ? 背中の“ハミ肉”を解消するアイテム

春がもうそこまで近づいてきました。この季節は、重いコートを脱いだ春のファッションも気になるところです。 キレイなカラーのニットなどは春気分を楽しむのにぴったりのアイテムですが、注意したいのがその後ろ姿 ...

そのうがい、間違いかも? 耳鼻咽喉科専門医が教える、大人のための適切な方法

のどが痛みはじめた、イガイガする、口の中がやたら渇く…、秋冬は風邪やインフルエンザ、肺炎の予防に、春は花粉症の対策にと、毎日のようにうがいをする人は多いでしょう。ただし、「うがいのしかた次第では、なん ...

「ルールを決めたら楽になれた」小川糸さんに聞く、自分にとっての“心地よさ”の見つけ方

小川糸(おがわ・いと)さんの小説『ライオンのおやつ』(ポプラ社)が累計発行部数12万部を突破しました。 余命を告げられた主人公が最期の時間を過ごす場所として瀬戸内のホスピスを選び、穏やかな島の景色の中 ...

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.