美容・健康の最新記事

防寒&着やせ効果も! 黒ニットに合わせたいワイドパンツコーデ

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




白Tシャツ、ボーダー、デニム、黒のカシミアニット……誰もが1枚は持っているであろう定番アイテムをおしゃれに着こなす方法を紹介した『どうして私はおしゃれなんでしょうか?』(日経BP)が9月7日に発売されました。

人気ファッションブロガーののどかさんによるコーディネート本で、白Tシャツ、ボーダー、デニム、カシミヤのアイテムをそれぞれ30ずつ全120コーデを掲載。紹介するアイテムはユニクロやZARAなどのプチプラ服ばかりなのですぐに試せます。

ウートピでは本書から秋冬にぴったりのコーデを4回にわたってご紹介します。今回は「CHAPTER4」からカシミヤの黒ニットを紹介します。

※記事は、おしゃれな人本人に教えてもらったという本文を抜粋してそのまま掲載しています。

黒のカシミアニットに合わせたいのはベージュ

黒のカシミアニットに合わせたいのは「ベージュ」。ベージュは柔らかい印象を持つ色です。それに黒を合わせるということは、優しさにシャープさを掛け合わせるということ。カシミアニットにベージュのパンツは、優しさとかっこよさの掛け合わせです。優しさとかっこよさを持つ人って素敵じゃないですか。

このワイドパンツはウールの素材です。体のラインを拾わないので、いくら下に防寒対策をしても着やせして見えます。あと、シワにもなりにくいので、冬は手放せません。仕事着にもぴったりです。

カシミヤセーター_UNIQLO、パンツ_DRESSTERIOR、バッグ_marjour、靴_BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS

カシミヤセーター_UNIQLO、パンツ_DRESSTERIOR、バッグ_marjour、靴_BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS

ワイドパンツの選び方は?

ワイドパンツの選び方は、形がシンプルで飾りのないものにすることと、長めの丈にすることです。長めとは、くるぶしがしっかり隠れるくらいです。

ワイドパンツはウエストインしても、しなくてもどちらも素敵です。ウエストをインするほうが、しっかりとバランスよくおしゃれに見えるのですが、あえてウエストインしなくても、リラックスしたかわいさが出ますよ。その場合、体の細い部分を2カ所は出すようにしましょう。このカシミアニットの場合は、ネックがVで首元が出せるので、ここと、首、足を出していますが、寒い場合はもちろんタイツを履いても大丈夫です。

<おしゃれのポイント>
□ウールのワイドパンツは、下にいくら着こんでも響かない
□ウエストインしないで着てもおしゃれ

情報元リンク: ウートピ
防寒&着やせ効果も! 黒ニットに合わせたいワイドパンツコーデ

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.