美容・健康の最新記事

鈴木亮平、大河出演を経て俳優人生の第2章「また1から」白石和彌監督と初タッグ

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




大河ドラマ「西郷どん」など過去の出演作や、明快なトークなどの印象ゆえか、俳優の鈴木亮平さんには「陽」のイメージが強い。そんな鈴木さんが最新出演映画『ひとよ』で演じるのは、吃音を持つコミュニケーションが苦手な男性。まとっているのは「陰」の熱量だ。

イメージにとらわれず鈴木さんを起用した白石和彌監督は、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』(18)など立て続けに話題作を生み出し、おそらく現在、俳優から最も起用されたいと願われている映画監督。俳優人生の「第二章の始まり」を意識しているという鈴木さんと、彼の新たな顔を引き出した白石監督の対談をお届けする。

鈴木亮平さん(左)と白石和彌監督

鈴木亮平さん(左)と白石和彌監督

日本の俳優には、キャパオーバーで働く時期がある

——近年の白石監督は、短いスパンで評価の高い作品を立て続けに完成させていますね。

白石和彌監督(以下、白石):目の前にあることを、ひたすらこなしていくだけですよ。

——意外と地道な……。

白石:そういうことでしかないんです。ちょっと時間があいたときに、次の作品のことを考えたりすることはありますけど。「よく頭を切り替えられますね」と言われるのですが、最初の頃よりはうまくこなせるようにはなってきたけど、まだ慣れないですね。

この『ひとよ』が公開されると、久しぶりに公開待機作がなくなって、(宣伝や取材対応などの稼働がなく)来年の仕事は純粋に「映画を作るだけ」になるので、そこは逆に、僕は自分に期待してるんです。

191015wotopi-0038

——キャパシティの120%ぐらいの仕事を受けるほうが、仕事のスキルや人としての度量も広がるような気がするのですが、俳優や映画監督という職業ではどうでしょうか?

白石:日本の売れてる俳優はみんなキャパオーバーですよね。

鈴木亮平さん(以下、鈴木):そういう時期はみんなあるでしょうね。そこを超えないといけない感じはある。

僕の場合は、大変な役で求められて、一つの作品でキャパオーバーになるというのがベストだと思ってます。大河ドラマはまさにそうでしたけど、そこで自分が大きくなれればいい。でも、そう理想どおりにはいかなくて、いろんな作品を何本か同時にやりながら、寝る暇もなく、キャパオーバーでやっていくという時期が日本の俳優にはどうしても来る。僕もありました。

191015wotopi-0090

——そういう働き方はそろそろ終わりと感じるときは来ましたか?

鈴木:僕はちょうど、その時が来たばかりかなと思っています。仕事を1つ1つきちんと選んで、自分にとって必要で成長できるものなのか、お客さんが喜んでくれるものなのかということを考える余裕というか、選択肢を与えられたのは、大河に出演した後からですね。(佐藤)健なんかは、もっと前からそうでしたけど。自分を甘やかさずに、「また1からやっていかなければ」という思いです。

——1から、ですか?

鈴木:はい。僕の中で、大河ドラマが終わって何か1つ区切りがついたので。これからは自分のキャリアの第2章というか、新しい始まりのつもりで、地に足を着けてやっていこうと思っています。

白石:第2章のスタートに『ひとよ』を選んでくれたんですね。うれしいっすね。

鈴木:これからは、若い頃の「俺はここにいるぜ」という芝居ではなく、見た人に想像してもらえるような、お客さんを信じたお芝居をやっていきたいなと思いますね。

191015wotopi-0027

映画作りで邪の部分を落としてる?

——高評価を得ている作品が続くと、それを維持し続けるプレッシャーが生じませんか?

白石:僕は映画監督になるのも遅かったですし、今はたまたまお仕事をいただいてやらせてもらっていますけど、監督になった後もキャリアが続くって、ホントに思ってなかったんですね。『凶悪』の時に、これでダメだったら映画監督は辞めようと思っていました。

今でもその頃のパッションはあって、まずその時やりたいことを思い切りやって、それで評価がついてこなくて、仕事がこなくなったら、違うことを考えればいいと思っている。だから、そういうプレッシャーはないですね。

鈴木:映画監督で食えなくなったらどうしようって考えるんですか?

白石:考えますけど……田舎に帰って自分ができることをやると思います。

仕事がなくなっても、やっぱり自分で自主映画を作ったり、映画は撮り続けるだろうなとは思いますけどね。娘ももう小6だし、あと10年頑張れば勝手に生きるだろうから。そしたら別にね、誰に気兼ねすることもなく、のたれ死んだっていいし。

鈴木:勝手に「監督と一緒で」と決めつけてるんですけど、僕も監督と一緒で、お芝居をすることで自分の不満とかネガティブな部分を発散できてる。だから、もしも役者をやれなくなったときに、自分が悪い人間になっていきそうで、怖い。

191015wotopi-0074

——映画作りで自分の中の邪な部分を落としている、みたいな感覚ですか?

白石:それはあるかもしれないですね。最近『麻雀放浪記2020』(19)とかギャンブルの映画が続いたので、「ギャンブル、そんなに好きなんですか?」ってよく聞かれるんですけど、自分は一切やらないんですよ。なぜなら、映画ってギャンブルに近いところがあって、毎回持ち金全部はたいて撮ってる感じなので(笑)。

——だからこそ、作品に熱量が乗っているのかもしれませんね。

白石:そう思っていただけるとうれしいですけどね。

鈴木:俳優以上にギャンブルですよね、映画監督の仕事は。

『ひとよ』メインビジュアル

『ひとよ』メインビジュアル

■作品情報

作品名:『ひとよ』
公開表記:11月8日(金) 全国ロードショー
コピーライト :(C)2019「ひとよ」製作委員会
配給:日活

(聞き手:新田理恵、写真:宇高尚弘)

情報元リンク: ウートピ
鈴木亮平、大河出演を経て俳優人生の第2章「また1から」白石和彌監督と初タッグ

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.