美容・健康の最新記事

浪費家・貯蓄家、みんなの考える境界線は? 老後資金に関する意識調査

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




老後資金のために貯蓄は必要……とは思うけれど、日々の生活も大変。みんなはどのくらいの貯蓄をしているの? 事前に準備しておけばよかったと思うことは?

このたび、松井証券は子どもと親のいる全国の20代から60代の男女、合計800人を対象に、「老後資金に関する調査」をインターネット調査にて実施。調査の結果、年収に対する貯蓄額10%以下が“浪費家”、30%以上が“貯蓄家”だと認識している傾向があることがわかりました。調査結果を紹介します。

みんなが思う、浪費家と貯蓄家の境界線は?

matsui1

『年収の貯蓄割合に関して、あなたが思うそれぞれの言葉の定義について教えてください』と聞いたところ、”浪費家”の定義は、年収の「10%以下」を貯蓄している人、“貯蓄家”の定義は、年収の「30%以上」を貯蓄している人という結果となりました。

年収の0~10%の貯蓄で“浪費家”、11~29%の貯蓄で“一般的”、30%以上の貯蓄で“貯蓄家”という認識であることがわかりました。(中央値で集計)

理想の世帯貯蓄額は?

ma2

『あなたの現在の世帯貯蓄額と、あなたが思う、現在の生活における理想の世帯貯蓄額を教えてください』という質問では、現在の世帯貯蓄額は、中央値で20代「100万円」、30代「300万円」、40代「350万円」、50代「500万円」、60代「1200万円」という結果に。

理想の世帯貯蓄額については、20代「480万円」、30代「1000万円」、40代「1000万円」、50代「2000万円」、60代「3000万円」となりました。

世代別に、理想の貯蓄額と現在の貯蓄額を比較すると、年代が上がるにつれて、その差が大きくなる傾向にあり、60代で理想と現実のギャップ(差額1800万円)が最も大きくなる結果となりました。(金額は中央値で集計)

子どものための貯蓄がひと段落する40代

ma3

『あなたは誰のために貯蓄をしていますか』と聞くと、第1位は「自分たち夫婦のため」(71.3%)でした。第2位は「子どものため」(67.6%)、第3位は「自分のため」(21.8%)でした。

世代別に見ると、「自分たち夫婦のため」は、世代ごとに大きな変化は見られないものの、「子どものため」は、20代(85.0%)、30代(87.5%)、40代(83.1%)、50代(50.0%)、60代(32.5%)となり、20代から40代が8割超であるのに対して、50代では5割、60代は3割まで低下。子どものための貯蓄は40代までにひと段落する傾向がありました。

貯蓄の目的は?

ma4

貯蓄の目的別に『具体的にどの費用に充てようと思っていますか』と聞くと、『子どものため』の理由としては「学費」(67.3%)、「いざという時の備え」(50.8%)、「子どもの結婚」(31.4%)が上位にランクインしました。

また、『自分たち夫婦のため』の理由としては「老後」(80.4%)、「いざという時の備え」(46.7%)、「生活費」(43.7%)、「医療費」(43.7%)。『自分のため』の理由としては「老後」(56.9%)、「趣味」(50.6%)、「いざという時の備え」(50.0%)。『親のため』の理由としては「介護」(72.7%)、「医療費」(52.7%)、「葬儀・法事」(47.3%)がそれぞれ上位に入りました。

全体の8割以上が「老後に不安あり」

ma6

『あなたは、老後に不安がありますか』と聞くと、「不安がある」(43.1%)、「やや不安がある」(40.5%)と、全体の8割以上(83.6%)が「老後に不安がある」と回答しました。

ma7

前出の質問で、「不安がある」と回答した人に具体的な不安について聞くと、第1位 は「老後の資金」(79.5%)、第2位は「老後の健康維持」(53.1%)、第3位 は「老後の夫婦関係」(27.7%)という結果となりました。

40代でやっておくべきだと思ったこと1位は…

ma8

60代で「老後の資金に不安を抱えている」と回答した人に『現在の貯蓄だけでは老後資金が足りないと思いますか』と聞くと、「そう思う」(67.9%)、「ややそう思う」(23.5%)と、60代の9割以上(91.4%)が「現在の貯蓄だけでは、老後の資金が足りない」と感じていることが明らかになりました。

同様に、60代で「貯蓄だけでは老後の資金が足りないと思う」と回答した人を対象に『若いうちにやっておけばよかったと思うことは何ですか』と聞くと、「資産形成・資産運用」(50.0%)が最も高い結果となりました。

また、『あなたが、資産形成・資産運用をやり始めるべきだと思う年代を教えてください』という質問では、上位から順に、40代(35.1%)、30代(29.7%)、20代(18.9%)と回答。「資産形成・資産運用」をやりはじめるタイミングは40代が1位となりました。

調査概要
調査方法:インターネット調査 ・調査時期:2020年 9 月
調査対象:子どもと親のいる全国の20-60代男女、計 800 名(男性 400 名/女性 400 名)
※性年代均等割付
※小数点第二位を四捨五入しているため、合計が 100%にならない場合があります。
※本記事の調査結果や分析は全て『松井証券株式会社調べ』によるものです。

情報元リンク: ウートピ
浪費家・貯蓄家、みんなの考える境界線は? 老後資金に関する意識調査

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.