美容・健康の最新記事

明日海りお “休み下手”だった自分が見つけた新しい休み方

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




元宝塚歌劇団花組トップスターで現在は女優として活躍する明日海りおさん。2003年に宝塚歌劇団に入団し、月組からキャリアをスタートさせた明日海さんが花組トップスターに就任したのは2014年のこと。組を率いて数々の舞台を成功させ、2019年に宝塚を退団。

退団後は、連続テレビ小説『おちょやん』や現在放送中のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)など話題の作品への参加をはじめ、映画『ムーラン』では声優に挑戦するなど活躍の幅を広げています。

5月22日からは定額制動画配信サービスHuluで初の冠番組となる『明日海りおのアトリエ』(毎週土曜、1エピソードずつ独占配信中)が始まりました。

トップスターとして走り抜けた日々、そして現在。仕事にまい進し、ファンの間ではストイックで有名という彼女の「らしさ」を探るインタビューを前後編でお届けします。

05090920

「ただ休む」ことが苦手だった

——まずは『明日海りおのアトリエ』が始まると聞いたときの心境を教えていただけますか?

明日海りおさん(以下、明日海): 自分の番組を持てることにまず驚きました。これまでHuluは見る側だったので、その中に自分が出演させていただくということも、冠番組として私ひとりでやっていくということも、最初は全然実感が湧きませんでした。

——この番組は、明日海さんが「美・癒やし・食」などをテーマにさまざまなことに挑戦し、「オトナ女子が新たな世界」を学ぶというコンセプトですが、実際に撮影をしてみて、いかがでしたか?

明日海:“おうち時間”を楽しむこと、生活の中に楽しみを見つけて豊かにすることを番組のテーマとしているのですが、もともと私が興味を持っていたもの、好きなものをピックアップした台本ができあがってくるのでとても楽しいです。

仕事をしに行くというより、毎回それを素直に楽しみに行く感じ(笑)。私が習いたかったことや、プロの人に聞いてみたかったことを毎回実現できるので、気負うことなく本当に楽しく撮影しています。

——番組内で、明日海さんの等身大なリアクションが見られるのが楽しいですね。初回で、コーヒーを淹れようと準備していたのにいざ袋を開けたら挽いてない豆だったときに、「あ、豆だった……!」と慌てたり(笑)。親近感が湧きました。

明日海:(笑)。コーヒーは好きなんですけど、今まではインスタントコーヒーやテイクアウトのものばかりで。豆を挽いて淹れること自体が初めてだったんです。番組で、自分で豆を挽いてドリップするという経験したことによって、ワンランク上のコーヒータイム、カフェタイムが味わえるようになりました。

——宝塚にいらした頃も現在もとても忙しいと思うのですが、明日海さんはもともと「休む」ということに対してはどんな印象がありましたか? また、どんな風に過ごされていましたか?

明日海:休日というと、今までは「あれを買いに行かなきゃ」「美容院に行かなきゃ」など、必要なことをまとめてこなすうちに1日が終わっていました。翌日からまた仕事をスムーズに行えるように調整するための日という感覚が強かったですね。

——そういう方は多そうですね。コーヒーを豆から挽いて淹れたり、そういう手間暇かかる時間や心の余裕はなかなか持てなかったりします。

明日海:「必ずしも必要じゃないこと」に時間を割くのはなかなか難しいですよね。でも今回、番組の企画でチャレンジしてみて、ちょっと強引にでもそういう楽しみを持つことは重要なんだと感じました。

休日のうちの30分、15分でもいいから、そういう時間を持てると満足感が変わると思います。ただただ身体のケアをしたり、溜まっていた雑用を処理したりで過ごしてきた今までの休日が、ちょっともったいなかったなと思うぐらい。本当に少しの工夫で贅沢な自分の時間を過ごすことができるんだと発見した感じです。

仕事以外で本当に自分が好きなもの

——番組を始めるにあたって、ご自身が好きなものはすぐに思い出せましたか? 日々忙しく過ごしているうちに、自分が本当に好きなものを思い出せなくなってしまっている人も多いと思うのですが……。

明日海:好きなこと、気になることをリストアップすると、思いのほかたくさん出てきたのですが、結局なんでも舞台とか宝塚につながっていて(笑)。本当に今まで宝塚のことばかり考えていたんだなって、ハッとしました。いろんな取材や番組に出させていただいて、「趣味はなんですか?」と聞かれることもあるのですが、ないんですよ。「好きな音楽は?」と聞かれても、「まずい……全部宝塚関係だった!」という状態で(笑)。

それだけ好きな場所で好きなことを16年も続けられたことは、とても幸せだったと思います。Huluの番組をきっかけに、「ただの自分」が好きなもの、テンションの上がるもの、何をしたら自分の身体や心が喜ぶか……を、一緒になってみなさんが見つけてくれたらうれしいです。今のところ、取り上げているのがほぼ食べ物で申し訳ないんですけど(笑)。

——食べ物最高です(笑)。仕事が好きだと、仕事と趣味の境目が曖昧になりますよね。

明日海:日本という環境では多くの人たちがそうだと思うんですけど、仕事に割かれる時間が多すぎるから、趣味を満喫する時間ってなかなか取れないですよね……。人によるとは思いますが、毎週キャンプに行くとかカラオケに行くとか、皆さんできるんでしょうか?

——している方もいると思いますが、一方で「休みの日を満喫しないといけない」「充実させなきゃいけない」と予定を詰め込んで疲れてしまう方もいるようです。

明日海:そうですよね。私も今までは休みをノルマみたいな感じでとらえていて、トレーニングに行く、ショッピングに行く、みたいな予定をすべて完璧に効率よくこなそうとしていました。そのノルマを達成するとすごい充実感があり、次の一週間も頑張れるみたいな過ごし方……言葉にしてみるとなんだかハードな生活ですね(笑)。

そういう生活をしていたので、これからはこの番組で学んだようにちょっとゆっくり過ごす時間を設けて、リラックスしたりちょっと贅沢な気分を味わったり、そういうゆるやかな生活も求めていきたいなと思います。

05090925

■番組情報
『明日海りおのアトリエ』
公式サイトはこちら

(取材・文:須田奈津妃、撮影:面川雄大、編集:安次富陽子)

情報元リンク: ウートピ
明日海りお “休み下手”だった自分が見つけた新しい休み方

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.