美容・健康の最新記事

怖くて当然。ためらって当然。そんな自分を許しながら母になる

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




出産を決意した仕事一筋37歳独身フリーランス女性の私に起こった心身の変化。妊娠を喜ぶ一方で、「これまでの自分の考え方や実績が消えてなくなるのではないか」という恐怖とどうやって共存していったかがこれまでの記事。最後に、自分の許し方について、自分へのメッセージも込めてまとめます。

働く女性にとって妊娠・出産はリスクなのか

まだ妊娠する以前のこと。「子どもを持つことはいいことだ」とか、「家族がいないと老後が寂しいよ」とか、まあいろいろ言われた時期もありました。実際にそういう側面もあると思うし、そうじゃない側面もあると思います。「誰かと一緒にいるから見える景色もあれば、一人だからこそ見える景色もある。何を選ぶかは自分次第だ」そう思って、今まで一人で頑張ってきました。

その気持ちは、今でも変わりません。「産むのは良いことだよ」なんて、軽はずみで言う気もありません。そのくらい人生への影響は大きいですし、背負うものも大きい。

今回の連載をウートピさんからご相談いただいた時に聞かれたのが、「妊娠出産はキャリア女性にとってリスクなのか?」ということでした。答えは、正直わからないです。短期的にはリスクだと言えると思います。特に私のような自営業者は、妊娠・出産が即無収入に繋がります。

今回は法律婚をせず出産することを決めましたが、シングルマザーとはいえ、保育園に入れる保証はありません。収入が減れば精神的にも困窮していくでしょうし、貯金が尽きれば子どもを食べさせていけません。貧困は心も痩せ衰えさせます。愛し合った人とその間に生まれた子どもを、愛せなくなる日が来るかもしれないという恐怖と、そうはさせまいという誓いとの戦いです。

「子どもを産み育てることで、心が豊かになる」「仕事の幅が広がる」という意見もあります。そういう側面は確実にあるでしょう。ただこれは、結果論だと思っています。そんな無責任なこと、私にはとてもじゃないけれど言えません。

結局、「キャリア女性にとって妊娠出産がリスクかどうか」は、自分が決めることなのだと思います。中絶だって立派な判断のひとつ。だいぶ昔、その辛さも経験しました。深く悩み考えて、このまま産んでも、自分も子どもも不幸にしてしまうと判断したから。だから、その判断を非難する人がいたとしても、私は動じない。

きっとこの瞬間も、自らの妊娠にどう向き合うか悩んでいる人もいるでしょう。そういう人はとにかく、素直な気持ちで自分とよく会話してほしい。どうせ答えなんかないんですから。自分で選べばいいんです。

正解も不正解も、エラいもエラくないもない。誰かの評価なんて気にしなくていい。大事なのは、自分で自分を幸せにすると決めること。それが揺るがない自分を作っていくのだと思います。

予測不能のものは怖くて当然。そんな自分も受け入れる

歳を重ねれば重ねるほど、先の見通しを立てるのがうまくなります。でも、妊娠・出産・育児はそうは行きません。自分自身も大きく変化しますし、多かれ少なかれ仕事にも影響があります。生まれてくる子どもが健康だという保証もないし、何より一度産んだら戻せません。そりゃあ、怖くなって当然です。

私自身、変化する自分の心身に頭が追いつけず、混乱したり、泣きわめいたり、パートナーに理不尽に当たることもありました。これからもあるでしょう。でも、それが当然なのだと思います。自分の強さも弱さも受け入れながら、少しずつ、母親になっていく。なっていきたい。

一方で、無理に「母親」になる必要もないと思っています。出産を選んだものの、どうしても心がついていかない、仕事から心が離れず子育てが億劫になる、そういうこともあると思います。気持ちがどうしても「母」になれなかったら、「自分の身体は、子どもがこの世界に出てくるための門だった」くらいの感覚でいいと思うのです。そもそも、母親に正解もお手本もありません。これだけ生き方が多様になった時代ならなおさらです。そこで無理に自分を型にはめるよりも、自分が出来る形で子どもと向き合っていったほうがいいと、私は考えます。

妊娠・出産に限らず、女性の人生は常にダイナミックです。結婚にしたって、今の日本ではどうしても女性の方が激しい変化を伴うし、理不尽に思うことも多々あります。妊娠・出産となればなおさらです。ただ、幸いにして妊娠の場合、産むまでに時間の猶予があります。仕事に不安があるのなら、産休産後に備えて準備をすることもできますし、家計に不安があるのなら金銭面を見直す事もできますし、暮らしに不安があるのならパートナーと話し合うこともできます。

結局私たちにできることは、必死に考え、選択し、今を精一杯生きること、ただそれだけです。悩んで当然なんです。間違ったと思ったら道を替えればいいし、そんな自分を許しながら進めばいい。その先に、誇りある「私なりの正解」を見いだせたら、それでいいと思うのです。

「彼女たちの勝利」と勝手に名付けた、バリ島の浜辺を歩く女性たちの写真/本人提供

「彼女たちの勝利」と勝手に名付けた、バリ島の浜辺を歩く女性たちの写真/著者提供

(落合絵美)

情報元リンク: ウートピ
怖くて当然。ためらって当然。そんな自分を許しながら母になる

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.