美容・健康の最新記事

三吉彩花「役として『居る』という初めての感覚」映画『Daughters』主演

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




モデル・女優として活躍する三吉彩花さんの最新作『Daughters』(津田肇監督)が9月18日(金)に全国公開されました。阿部純子さんとW主演を務めた本作。作品を通じて感じたことや、このコロナ禍での過ごし方について伺いました。前後編でお届けします。

作中より

作中より

友達でもあり、家族でもあり

——本作で三吉さんは、予期せぬ妊娠をしたルームメイト・彩乃を支える友人の小春を演じています。最初に脚本を読んだとき、どんなことを思いましたか。

三吉彩花さん(以下、三吉):この作品はセリフがあまり多くないので、気持ちや関係性がどんなふうに変化していくのか、台本だけで背景を想像するのは少し難しいなと感じました。「妊娠」という大きなテーマはありますが、支えるといっても何ができるのだろう、と想像できなくて。彩乃を演じた純ちゃん(阿部純子さん)も同じような悩みを持っていたので、みんなで話し合いながら役を作っていきました。

——もし三吉さんの友人が彩乃のような決断をしたら、と考えたりもしましたか?

三吉:はい。役作りの過程で、自分の親友に「妊娠した。一人で産む」と突然告げられたらどうするかと考えました。そのとき、彩乃と小春のような関係が選択肢にあったら素敵かもしれないと思ったんですよね。友達でもあり、家族でもありというような。

——彩乃の覚悟を受けて、小春が男性向けの育児本を読んでいるシーンが印象的でした。

三吉:そう。男性向けの本を読んでいるんですよ。はじめは父親になるための本って、男性が読むものだろうと思っていたのですが……。用意された本のページをめくりながら、「これは妊娠した女性のことを理解するための本で、男女は関係ない」と思うようになりました。

本には、女性が妊娠すると何週目にこんな変化がありますよと説明があって。妊婦さんの体調や気持ちの変化とホルモンバランスとの関係など、知らなかったことを知れてとても面白かったです。パートナーだけじゃなく女性が読んでも勉強になると思いましたね。

居心地のいい現場

——共演した阿部純子さんとは、どのように関係を築いていきましたか?

三吉:クランクイン前から本読みや衣装合わせなどで、監督やスタッフさんたちと(セットの)部屋で過ごすことが多くて、その時点で居心地の良さを感じていました。その中で一度、純ちゃんとふたりだけで過ごす時間を作っていただいたんです。ご飯を買って部屋に帰って、食べながらとりとめのない話をしたり、ゴロゴロしたり……。半日ほどでしたが、普通に暮らしているように過ごしました。

互いの人間性も少し見せ合えて、純ちゃんとの距離も縮まったように感じましたし、もともと住んでいた家のような感覚にもなって、自然と「ただいまー!」と思うようになっていました。すごくいい雰囲気の現場でした。

——小春という役を演じるうえで難しかったことはありましたか?

三吉:この役に関しては、ほとんどありませんでした。純ちゃんとふたりでのシーンが多かったので、日々、彼女と作品と向き合うことを繰り返して。時間を重ねるほどに、芝居をしているというよりも、小春と彩乃としてそこに「居る」というか……。ドキュメンタリー作品を撮っているような感覚になりました。今まではその役を「演じる」という意識が強かったので、その役として自分がそこに「居る」というのはすごく不思議な感覚でしたね。

作中より

作中より

それぞれに響く部分がある作品

——いよいよ公開です。

三吉:はい。クランクアップ後にこの作品のことを思い返すこともあって、撮影の中で得たものや吸収したものが、自分の糧になっていると感じています。例えば、私は彩乃の考えに近いから彩乃側だ、小春側だと決めるのではなく、それぞれの立場になった時にどうするか。何ができるか考えるようになりました。

——本作、どんな方に観てもらいたいと思いますか?

三吉:命のこと、家族のかたち、これからの人生……。観る人の年代や環境によってそれぞれ響く部分がある作品になっていると思いますので、いろんな世代の方に、いろんな感覚で楽しんでもらえたら嬉しいです。男性にもぜひ観ていただきたいですね。きっと新しい発見があるのではないかと思います。

■作品情報

rnpNybdw

『Daughters』
9月18日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
脚本・監督:津田肇
出演:三吉彩花、阿部純子
企画:CHAMELEONS INC.
制作プロダクション:and pictures
制作協力:Lat-Lon
配給:イオンエンターテイメント/Atemo
製作:CHAMELEONS INC./and pictures/キングレコード/ワンモア/沖潮開発
(c)「Daughters」製作委員会

(ヘアメイク:RYO、スタイリスト:道端亜未、撮影:面川雄大、取材・文:安次富陽子)

情報元リンク: ウートピ
三吉彩花「役として『居る』という初めての感覚」映画『Daughters』主演

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.