美容・健康の最新記事

パンシェルジュがイチ押し! シリーズ累計240万本出荷の「パン好きの牛乳」に合うパン5選

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




高級食パン専門店が話題になるなど、世の中は空前の“パン”ブーム。そんな中、パン好きの間で人気を集めているのが、化学メーカーのカネカが開発した「パン好きの牛乳」です。同商品は2018年4月に300店舗のベーカリーで発売され、今では大手量販店など延べ7800店舗で月に500本を販売するほど人気に。続く第二弾「パン好きのカフェオレ」も第一弾を上回る勢いを見せ、シリーズ累計では今年6月末の時点で240万本を出荷するなど、順調に売り上げを伸ばしています。

シリーズ累計240万本を出荷している「パン好きの牛乳」

シリーズ累計240万本を出荷している「パン好きの牛乳」

人気の「パン好きの牛乳」って?

「パン好きの牛乳」は、カネカがパンとの相性を考えて開発した牛乳です。北海道産の生乳を100%使用し、ベルギーの乳製品メーカーと技術提携して独自の加熱殺菌を実施。開発前のパン愛好家へのインタビューで「濃厚な牛乳は好きだけど、パンの味を消してしまう」という意見が寄せられたことから、「後味はすっきりしつつ、コクも感じられる」味に仕上げています。

ところで、化学メーカーのカネカがなぜ「牛乳」を開発したのでしょうか。実はカネカの売り上げの約4分の1は食品事業で、牛乳開発に取り組んだのは「乳製品事業を通じて社会課題の解決に取り組む」という意図があるため。つまり「パン好きの牛乳」の開発は酪農支援の一環であり、パン好きにフォーカスしたのは、ブームの裏で厳しい状況にあるベーカリー業界を活性化させたいという思いからだそうです。

ミックスサンド、フルーツデニッシュ……おすすめの組み合わせは?

そんな「パン好きの牛乳」にはどのようなパンを合わせるのがいいのでしょうか。パンシェルジュ検定1級を持つパンライターの松尾友喜さんに、おすすめのパンを伺いました。

shutterstock_3021855

まずは「ミックスサンド」。松尾さんは「卵、ハム、レタス、キュウリ、トマトなどの具材が挟まったミックスサンドといえば、ふんわりとしたパン生地にマヨネーズのコクと優しい酸味が決め手。『パン好きの牛乳』を合わせると、よりコクが深まりながらも、あっさり軽やかに食べられます」と理由を説明しています。

shutterstock_50058658

「フルーツデニッシュ」もおすすめで、「バターがたっぷりと折り込まれた生地の芳醇な風味を、『パン好きの牛乳』が引き立ててくれます」と松尾さん。「コクあるカスタードクリームとの相性も抜群。さらに、パンの上にのったフルーツの瑞々しい味わいを邪魔せず、後味爽やかにいただけます」とコメントしています。

塩パン、カレーパン、あんぱんなど定番商品も!

shutterstock_1800606841

次は、塩気のある生地が特徴の「塩パン」です。「『パン好きの牛乳』のほんのりとした甘味が、塩気のきいた生地を引き立て、いっそう旨味を感じられます。塩パンを温めると生地の中からバターがジュワッと溶け出し、そこに『パン好きの牛乳』を合わせると、さらに旨味が増しておすすめ」と松尾さん。

shutterstock_1706193883

また、スパイシーな風味が特徴の「カレーパン」もおすすめ。「カレーパンと牛乳の組み合わせは、牛乳の味わいによってはしつこく感じられることも。『パン好きの牛乳』は、しっかりとしたコクでスパイシーなカレーをまろやかにしてくれるのと同時に、すっきりとしているので後に残りません」としています。

shutterstock_1743278924

最後は、定番の「あんパン」です。松尾さんは「あんぱんと牛乳といえば昔からの定番ですが、最近では街のパン屋さんはもちろんスーパーやコンビニでも、多種多様なあんぱんを見かけるようになりました。フランスパン生地のものや、餡にクリームチーズを合わせているものなど、どんなあんぱんでも『パン好きの牛乳』は生地と餡の味わいを引き立て、バランスよく食べられます」と語っています。

まだまだ衰えを見せないパンブーム。今回ご紹介したようなパンと「パン好きの牛乳」を組み合わせて、新しい魅力を発見してみてはいかがでしょうか。

※パンの画像はイメージです。

情報元リンク: ウートピ
パンシェルジュがイチ押し! シリーズ累計240万本出荷の「パン好きの牛乳」に合うパン5選

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.