美容・健康の最新記事

エマ・ワトソン演じるメグは“ロマンチック” 映画『ストーリー・オブ・マイライフ』衣装の魅力

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




オルコットの世界的ベストセラー『若草物語』を映画化した『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』が6月12日(金)から公開されました。

『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ監督とシアーシャ・ローナンが再タッグを組み、エマ・ワトソン、メリル・ストリープらが脇を固めている話題作で、第92回アカデミー賞では「衣装デザイン賞」を受賞。

そこで、今回は衣装デザインも大きな見どころとなっている、四姉妹はじめ登場人物のファッションの注目ポイントをご紹介します。

【映画評】コルセットがなくても息苦しいこの世界の片隅で…

DF-05104_05107_r

舞台は19世紀のボストン! 個性豊かな四姉妹が登場

映画の舞台は19世紀の米国マサチューセッツ州ボストン。姉メグ(エマ・ワトソン)、病弱な妹ベス(エリザ・スカンレン)、美人の妹エイミー(フローレンス・ピュー)らの中で、小説家を目指す日々を過ごしていた、マーチ家四姉妹の次女ジョー(シアーシャ・ローナン)。

ある日彼女は、資産家の一人息子ローリー(ティモシー・シャラメ)に出会い、ローリーからプロポーズされることに。でも家に入ることで小説家になる夢が消えてしまうと信じるジョーは「私は結婚できない。あなたはいつかきっと、もっとすてきな人と出会う」とローリーに告げ、小説家として自立するためニューヨークに渡る……というストーリー。

????????????????????????????????????????????

衣装デザインを担当したのはジャクリーン・デュランで、今作が映画『アンナ・カレーニナ』(2012年)以来、2度目となるアカデミー賞「衣装デザイン賞」を受賞。

「触り心地が想像できて、毎日着る洋服のような感覚で、衣裳ではないもの。そういったことでモダンな感じを出してほしい」というガーウィグ監督からの要望を受けて、同じ生地をところどころで使って姉妹の服を縫ったり、一つの時代で使った生地を次の時代でも使ったりすることで“マーチ家のおさがり・節約”を反映しました。

DF-01976_r

ファッションの注目ポイントは? 四姉妹それぞれで異なるカラーを設定!

四姉妹それぞれに異なるカラーパレットを設定しているのも、本作のファッションの見どころ。例えば、主人公ジョーの衣装は、燃えるような“赤”を表現。

DF-04487_r

????????????????????????????????????????????????????????

デュランさんは「ジョーはおてんば。彼女は男の子のような自由さを求めていて、ローリーのようになりたくて洋服を交換し合うくらい。彼女はいつも強い色を着ていて、赤ではない時は、深いインディゴブルーや何か目立つ色を着ている」と、ジョーの個性と衣装の関係についてコメントしています。

エマ・ワトソン演じるメグのキーワードは“ロマンチック”

????????????????????????????????????????????????????????????

一方、ワトソンさんが演じる、控えめで美しくジョーと正反対の性格のメグの衣装は、ロマンチックなライラックと緑のグラデーションがポイント。

「メグはロマンチックで、演劇とドレスを愛していて、中世時代のおとぎ話も好きだから、当時流行(はや)っていたゴシックのリバイバルスタイルにしたの」と明かしています。

心優しい三女・ベスはピンク

DF-06159_r

Eliza Scanlen in Greta Gerwig's LITTLE WOMEN.

?????????????????????????????????????????????????

自分の体を顧みず他人を助けようとする三女・ベスを表すカラーは、優しいピンク。「ベスは常に家にいて、姉妹の中で一番子供っぽい。彼女は成長するチャンスや外の世界を見るチャンスがなかったから、柔らかくて優しいピンクをずっと着ているの」(デュランさん)。

四姉妹のおしゃれ番長? エイミーはフレッシュな水色

DF-03370

DF-03074_r

Florence Pugh (Finalized)

また、四女・エイミーの衣装は、フレッシュなトーンの水色をイメージ。「姉妹たちの中で、絶対的にエイミーが一番おしゃれ。そして若さと決断力が見える衣装」(同)。

四姉妹の母“マーミー”は実用的な衣装

Laura Dern in Columbia Picturesユ LITTLE WOMEN.

マーミーこと四姉妹の母(ローラ・ダーン)については「彼女はたくさんの側面を持ち合わせている。母親らしい面もあれば、革命的な面もある。でも、彼女の着こなしが実用的と伝わることを願うわ。家にいても、必要があればすぐに行動に移せて、助けが必要であればすぐに外へ飛び出していけるような洋服を着ている。それから、姉妹たちの洋服に、マーミーのセンスの影響をほんのり見せたかった。マーミーのスタイルが彼女たちの洋服に反映されているのが見えると思う」(同)

メリル・ストリープ演じる伯母は正統派な世界の象徴

ピン_マーチおば

メリル・ストリープ演じるマーチ伯母は一番史実に基づくルックス。「彼女はとても正確なヴィクトリア期の衣装を着ている。姉妹たちの持つイマジネーションのかけらもないような服。彼女はマーチ姉妹を取り巻く正統派な世界を象徴している。メリルのパフォーマンスととても相性が良かった」と振り返っています。

大事にしたのは“自分らしくいられること”

今作の衣装を担当するにあたり、デュランさんにとって一番重要だったのは、姉妹たちが完全に自分らしくいられること。

「それぞれのルックスが何らかの声明であることが大事だと感じた。彼女たちはそれぞれ世界の見方があって、それはみんな違うけれども平等で大事な役割を持っている」(デュランさん)

DF-09055_R

四姉妹それぞれの個性を表現した衣装にも注目してみると、映画がより楽しめるかもしれません。

『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』は6月12日(金)からTOHOシネマズ日本橋ほか全国で公開。

■映画情報
『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
6/12(金)全国順次ロードショー

情報元リンク: ウートピ
エマ・ワトソン演じるメグは“ロマンチック” 映画『ストーリー・オブ・マイライフ』衣装の魅力

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.