美容・健康の最新記事

なぜ誰も言わない? 「岡村発言」が罪深い本当の理由 

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




ラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送、4月23日放送)での、岡村隆史さんの女性蔑視発言が問題となっている。AbemaTV Newsチャンネル『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』のプロデューサーで、自身もテレビ業界で経験したセクハラ・パワハラの被害を国内外のメディアで告発するなど、積極的な活動を続けている津田環(つだ・たまき)さん。津田さんが、今「岡村発言」について考えることとは……。

「岡村発言」はこのまま「なかったこと」になるのか

岡村隆史さんがラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送、2020年4月23日放送)で、コロナ禍における性風俗で働く女性について持論を展開し、騒動になっております。

実際のラジオでの発言で、問題視されたのは次の部分と思われます。

「これ、コロナが収束したら、もの凄く絶対おもしろいことあるんです。ほんで、なかなかね、苦しい状態がずっと続きますから、コロナ明けたら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、美人さんがお嬢やります。これ、何故かと言うと、短時間でお金をやっぱり稼がないと苦しいですから、そうなった時に今までのお仕事よりかは。(中略)

はい、コロナ明けた時に、われわれ風俗野郎Aチームみたいなもんは、この3カ月、3カ月を目安に頑張りましょう……(以下つづく)」*

*Sponichi Annex「【岡村隆史“風俗持論”全文】「コロナ明けたら、美人さんが…」性にまつわるリスナーの投稿コーナーで」からの一部抜粋

つまり、コロナ禍において、大幅な減収や、解雇に見舞われた女性たちが短期間、生活のために風俗で働くだろう。全体の話の流れとして、ふだん昼職(「夜のお仕事」との対比で、この表現を風俗業界ではよく使います)している、素人のカワイイ子が入ってくるから客として期待大!というご意見。と、わたしは理解しました。

彼が起こした「致命的なコンボ」

おい、待てや、と。

風俗に、日頃からめちゃくちゃお世話になっているのはアンタでしょうが?

なんなら、おそらく世間的に人気者で、タレントとして高収入であろうアンタが、コロナ禍で収入減の風俗嬢たちのために支援や寄付を呼びかけるのならまだわかる。普段お世話になっている風俗業界を、今こそ助けよう、というお立場になりますからね。

それが、この仕事に馴れてない、食いつめたカワイイ女の子が新しく入ってくるからオッさん楽しみ!て、こんなゲスいこと言うひと、なかなかシビれますよ。

さらに言えば、長年の風俗業界のいわゆる「顧客」でありながら、「風俗で働くこと=生活が苦しい人がやること」という固定概念で話している点にも違和感があります。これは岡村さんだけでなく、世間の今回の反応に対しても思うのですが、風俗と貧困を結びつけすぎだと感じるのは、私だけでしょうか?

立派な仕事ですよ。

たしかに、悪い大人もいっぱいいる業界で、家に居場所がなく、経済的に困窮している「何も知らない女の子」を騙すという事例が多々あり、これは捨て置けない状況ですが、誇りをもって働いている女性もたくさんいます。

岡村さんは「女性は、男の性のはけ口」「風俗で働く女性は、恵まれないかわいそうな存在」と、女を同じ人間として見ていないばかりか、同時に職業蔑視もするという致命的なコンボを、ナチュラルに公共の電波に乗せてしまいました。

「岡村さんの進退」に話をすり替えないで

公共の電波、という話が出たので、そこも触れておきましょう。

「ナインティナイン」の岡村隆史といえば、誰もが知る芸能界最大手の事務所に所属し、ここ20年近くにわたって、テレビやラジオなどのお笑いバラエティ番組を席巻してきた人気タレントです。現に「チコちゃんに叱られる!」(NHK)という子供たちも多く視聴する番組に出演しています。

わたしもテレビマンのはしくれなので、言わせてもらいますと「公共の電波に乗せる」とは、役に立つ情報を、できる限り多くの人に見てもらえるように、楽しんでもらえるように、細心の注意を払って届けることです。したがって、制作サイドは、この発言が、この表現が、誰を傷つけうるか、どう受け止められうるかを考え抜きます。それが仕事です。民放ならもちろんスポンサーにも配慮しなくてはなりません。

しかし、お察しの通り、メディア業界はズブズブです。

「ナインティナイン」の矢部浩之さんが、相方として1週間後同じラジオ番組に出演し、前週の岡村さんの発言を叱咤(しった)しました。とても真摯な内容で、矢部さんは誠実に思っていることを伝えたという印象でした。

しかし、これを、われわれギョーカイ人は、「火消しに入ったな」と見ます(ギョーカイ人じゃなくても、でしょうが……)。本人の謝罪だけでは、イメージ回復を見込めないと踏んだとき、一心同体である相方は「火消し」の役割を果たします。これまでも、いろいろなタレントの不祥事で同様の対応がなされました。つまり「俺の顔に免じて許してやってくれ」という儀式です。「これ以上責めないでください」と場を収める、土下座に次ぐ手法です。

5月3日放送の「サンデージャポン」(TBS)では、同じテレビ業界のタレントで、岡村隆史さんと交流のある出演者たちは、発言内容自体はダメだと言いつつも、悪気はなかったし、本当は優しいひとで、心が繊細なので心配している、などとフォローし始めました。

あまつさえ、テリー伊藤さんは、このコーナーにおいて、まるで話を逸らすかのように、まったく関係ない海鮮丼屋の苦境などを語りだす始末。

「岡村発言」そのものに込められた女性蔑視の話はどこ吹く風で、岡村さんの進退こそが最大の関心事なのだと思われても仕方ない内容でした。

カズレーザーさんのみが唯一、ちゃんと問題の本質について話していました。番組降板の署名活動が起きてもおかしくないが、その進退の判断は最終的には岡村さん本人や番組制作サイドにあるという指摘や、矢部さんの対応と岡村の免罪が別問題という指摘は、この茶番に一石を投じたと言えるでしょう。

セクハラを「なかったこと」にする基本セオリー

こういう光景は、実は普段テレビ業界で働いていると、あらゆる局面において、よく見られます。

「女性蔑視発言」「セクハラ」などについて話が出ると、まったく違う話題を持ち出してスルー、そして判を押したように「悪気はなかった」と言われます。そして「謝罪したじゃん!」と逆ギレされればまだいいほうで、時間稼ぎをして「なかったこと」にするのが基本セオリーです。

今回の「岡村発言」のみならず、「女性蔑視発言」や「セクハラ」にまつわる問題において、「このトラブル対応どうする?」という会話に女性スタッフは加わっていたでしょうか? 甚(はなは)だ疑問です。

ギョーカイの男性たちは、みな脛(すね)に傷を持つ仲間、という認識なのですよ。トラブルが発生したときだけ「お仲間」を守っている姿勢を装い、実は自分も女性に対して、なにかしらセクハラめいたことをやってしまったんじゃないか……と、戦々恐々としながら保身に走っているわけですね。

メディア業界は、今も男社会です。

岡村さんの所属する事務所も、メディアの制作者も、芸人さんと二人三脚で仕事をしている放送作家も、みんな岡村さんの風俗についての発言が、度々アウトラインにかかっていることに気づいていたと思います。知っていながら、あえてスルーしてきました。わたしも含めて、メディア業界の人間は、それはおかしいよ、と声をあげたり、止めたりできなかったのです。

大変恥ずべき、反省するべきことが、“起こるべくして”起こったのです。わたしたちメディア業界の人間は、そのツケをいつか払わなければなりません。

彼に本気でアドバイスする人はいないのか…

さて、今回、岡村さんに関しては番組降板の署名活動なども行われていますが、それが結果に影響を及ぼすかどうかは、以上に述べたように業界の構成人員(主に男性)と、その構造がすぐに変わるとは思えませんので、なんとも言えません。

今まで通り、番組を制作し、岡村さんは「まるでそんなことなかった」かのように出演を続けるかもしれません。

しかし、わたしがひとつ提言したいのは、岡村さんが、人々を少なからず傷つけ、失望させたことを心から謝りたいと思うのなら、これからもタレントとして公共の電波上で活動したいと言うのなら、その誠意は、社会貢献の形で見せることです。

岡村さんの日々のストレスや、女の子に優しくしてもらいたい気持ち、癒されて「ありがとう」の感謝を、風俗業界で働くひとたちの支援団体への寄付という形で、きっちり表わしたらどうですか? 「岡村ファンド」を立ち上げて、自ら支援に関わるという手もあります! きっと多くのひとたちが賛同するでしょう。

そのほうがよほど、あなたが貶めた風俗嬢たちに、コロナ禍で苦しんでいるひとたちに、謝罪も反省も伝わるし、実際にめちゃくちゃ役に立つでしょうよ。

なんで誰もそうアドバイスしないんですかねー! 頼みます、ほんと。

笑いという大義名分で「いじる」古さ

最後に、やっぱりこれを機に「岡村発言」を許してしまったメディア業界も、そろそろ変わらないと未来はない、ということを書いておきましょう。

この岡村さんの発言が、男女ともに「人として」嫌悪感を催したひとが多いという事実を踏まえて、コロナ禍のあと、どんな番組を作っていくか、テレビ業界をはじめとしたコンテンツ業界は、どのようなメッセージを伝えていくべきなのか。

女性を美人か?ブスか?結婚できるか?できないか?離婚したか?若いか?オバさんか?などで品定めしたり、笑いという大義名分でくるんで「いじった」りするという、テレビ業界で使い古された男女観から、今こそ解き放たれるときがきたことを、意味しているのではないでしょうか?

岡村さんがああいう発言をしてしまった背景には、そのような埃をかぶった男女観が確実にあったわけですし、岡村さんを「小さい男」「コンプレックスにまみれた男」として笑いをまぶして消費してきたのは、他でもないわたしたちなのですから。

(津田 環)

情報元リンク: ウートピ
なぜ誰も言わない? 「岡村発言」が罪深い本当の理由 

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.