美容・健康の最新記事

つい自虐しがちな私たちが自尊心を鍛えるには?【長田杏奈さんイベント】

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




女性誌やウェブメディアなどで数々の美容記事を手がけるライターの長田杏奈さん。ツイッターでは「おさ旦那/長田杏奈」として、美容のこと以外にも私たちを刺激してくれるメッセージを発信しています。

長田さんの初の著書『美容は自尊心の筋トレ』(Pヴァイン)が6月に出版され、その発売記念トークイベントが2019年6月25日に TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(東京都港区)で行われました。ゲストは、劇団雌猫のひらりささんと、She is編集長の野村由芽さん。

出版記念イベントは初めてという長田さんの、記念すべきイベントの様子を全4回にわたってリポートします。

(左から)ひらりささん、長田さん、野村さん

(左から)ひらりささん、長田さん、野村さん

かわいそうって、言う側の気持ちでしょう?

長田:次のテーマは、「一重まぶたはかわいそう?」です。

ひらりさ:長田さん自身がかつて言われていたこと?

長田:いえ。これは『美容は自尊心の筋トレ』の編集担当が怒っていることですね。彼女には娘さんがいるんですけど、小さな子って細胞がピチピチでハリがすごいから、将来まぶたがどうなるかなんてわからないですよね。それなのに、おばあちゃんとか親戚の人に「あらぁ、一重でかわいそうね」と言われるそうなんです。まだ自分の顔すらよくわからない赤ちゃん時代から、「かわいそう」が刷り込まれてしまう。

ひらりさ:なるほど。それで怒っているんですね。

長田:そう。人の顔をかわいそうと言うのはすごく失礼なことです。悪気がなくても、今すぐやめてとそのおばあちゃんたちに伝えたい。それって結局、言う側の気持ちですからね。

つい自虐が先行してしまう私たち

ひらりさ:そういえば、由芽さんは最近パーマをかけたそうですね。

長田:私は由芽ちゃんのパーマを見て、「かわいい」ってすぐ伝えました!

ひらりさ:私もそう思って、今日顔をあわせた際に「パーマ素敵ですね」と言ったら、由芽さんは「ラーメンみたいになっちゃって……あ!」って(笑)。

長田:こんないいラーメンないですよ。

野村:すみません。あ、また言っちゃった(苦笑)。褒められたら「ありがとう」と言おうと思っているのですが、なかなか……。

ひらりさ:いえいえ、自虐……というか反射的に謙遜するの、私もやっちゃいますもん。たくさんあるけど、一拍おいて「ありがとう」を習慣にしたいですよね。

野村:She isで杏奈さんをインタビューしたときも、杏奈さんの活動を尊敬しているということもあって、せっかくShe isについて褒めていただいたのに「全然、まだまだです……」みたいなことを言ってしまって。

長田:私は本当に思っていることを伝えていたから、そのリアクションは悲しいって言いました。

野村:そう。杏奈さんはその気持ちを伝えてくれて、そんなふうに謙遜しなくていいし、ありがとうって言えばいいんだよって言ってくれたんですよね。

「嫌味かもしれないけど、ありがとうございます」

ひらりさ:私も、こうしてトークイベントなどにも出させていただく機会が増えて、「髪型素敵ですね」とか「ワンピースかわいい!」とか、ちょっと褒めていただくことも増えたんです。でも、素直にうれしいんだけど、その中にはどこかで意地悪をしようとしている人がまじっているんじゃないかって猜疑心もあって……。

そういうときに先回りして「もしかしたら嫌味かもしれないけど、ありがとうございます」って返し方をしてしまうことが結構あって、懺悔というか、後悔しています。褒め言葉に素直に応じたり、自分っていいものだよってそのまま言ったりしないと「自衛」できるように思ってる部分があるんですよねえ。人生の大切なものを見誤らないようにしないと……と思います。

長田:その髪型、新しい服いいねって思ったのは本当なのに、受け入れてくれなかったら、私に心を開いてくれなかったって思っちゃう。難しいですね。

ひらりさ:コミュニケーションの話ですよね。

長田:素直に受け取れないときに、うまい自虐ってあると思うんですよ。実際には。だけど、毎日自虐が癖になると、次第にそれが自分に染み渡って、侵食されていく部分があるから……。だったら、自虐よりも、もう受け止めちゃって気分をアゲようぜって。私は思う。

野村:「ラーメンみたいで……めちゃ可愛いでしょ!?」みたいな?

長田:そう。「ラーメンにインスパイアされたんです(キリッ!)」とかね。

0004

言葉は適材適所

長田:では最後に、自尊心の筋トレ十訓行きましょうか! この本を読めても読まなくても、これだけは覚えてもらえたらいいなと思ったところをまとめました。

10

野村:「自尊心」っていい言葉だし、「自分らしく」っていう表現も最近よく目にしますよね。She isでも「自分らしく」という言葉をタグラインに使っているのですが、その言葉だけが実体をもたず上滑りするように消費されてしまってはならないと思うんです。でもこの十訓は自尊心を具体化していますよね。

長田:自分らしさって、いろんな語られ方をするじゃない。たとえば、A説は自分探しをしましょう、B説は置かれた場所で咲きなさいみたいな。それについてどう思う?

ひらりさ:場合による(笑)。

長田:そうなんだよ! 場合によるよね。すごく苦しんでいる人に「置かれた場所で頑張りなさい!」ってある意味死刑宣告じゃないですか。そこに縛り付けるのは。でも、ずーっとフラフラ、「私って何がしたいのかしら?」みたいな人に、一言物申したくなる気持ちもわかる。だから、ほんと、場合によるんだと思う。

自尊心だって、「私最高だよね!」ほどテンション高くなくてよくて。英語で言うところの「Self-esteem(セルフエスティーム)」なんだけど、「私ダメだ」「何もできてない」「役に立ってない」とか。そういう、自分を苛むものを無力化できるのが、自尊心の底力だと思っているんです。

野村:「ここにいちゃいけないんじゃないか」と思ってしまったり、居心地が悪かったりすることって、生きていく上で苦しいですよね。そういう場合、その環境自体を改善することも大切ですが、同時に自尊心も鍛えていくことで、息がしやすく、生きていけたらいいなと思います。

(構成:安次富陽子)

情報元リンク: ウートピ
つい自虐しがちな私たちが自尊心を鍛えるには?【長田杏奈さんイベント】

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.