美容・健康の最新記事

「邪魔おじさん」「現場がいいおばさん」になるのが怖い【ジェーン・スー×松居大悟】

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




コラムニストのジェーン・スーさんが会いたい人と会って対談する企画。今回のゲストは、5月12日に最新作『くれなずめ』が公開された松居大悟(まつい・だいご)監督です。全3回。

【第1回】冴えてるか冴えてないかも自分で決めたい…映画『くれなずめ』で描いたもの

自己拡張していくのが苦手

ジェーン・スーさん(以下、スー):今、松居さんの映画は2本公開中で。1本が『くれなずめ』。そしてもう1本が『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』。こちらの映画はもともとはドラマですね。そもそもこのお話はどのタイミングで来たんですか?

松居大悟さん(以下、松居):2016年、30才の時です。企画書の表紙にシーズン1のあの6人の名前があって、「こういう企画があったらやりますか?」みたいなところから始まりました。ちょうどテレビ東京が「ドラマ24」という枠を20代30代の感度の高い人に向けたものにしたかったそうで。

スー:ゼロからですね。

松居:テレビってすごいと思いました。すごく広がったし、「バイプレイヤーズの松居さん」と言われるようになりました。

スー:テレビの影響力はまだまだありますよね。テレビを経て人との距離感は変わりました? もっと言うと、今までにはなかった思いはしました?

松居:テレビの仕事というものの考え方が違うというのは感じましたね。僕は映画や舞台をベースにやってきたので、面白いものを作るためにみんな頑張るけど、それこそ『バイプレイヤーズ』くらいになると、演出プランよりもいかに健康で元気でその日を終えて次の日を迎えるかが一番大事だと思いました。創作のつもりで挑むと絶対にバースト(破裂)しちゃいます。

スー:妥協点が違う? 着地させるポイントとか?

松居:スポーツみたいな感じなんですよね。

スー:テレビはスポーツ。それすごく興味深い。映画は映画で3Kみたいな環境でやってるのはよろしくない、という声も上がってくるようになりましたが。

松居:そういうことを言う人は結構いい環境でやってたりしますよ。本当の3Kはそれでやるしかないからやり続けるし。時代が声高にそう言っていたとしても、現場には下りてきていない気がします。

スー:えー、下りてきてないのか。

松居:言ってる人たち偉いぞ頑張れって言ってる人も実態を知らない。不思議な感じです。

スー:当事者の声じゃないというのは、この時代の特徴の一つかもしれませんね。

210421wotopi-0080

松居:僕もスーさんに聞きたかったんですけど、当初から今くらいのところに至るまでに環境の変化ってめちゃくちゃあったじゃないですか。でも大事なところ、芯は変わらないのはなんでですか?

スー:私は新しい人とご飯に行ったりしないから。同じメンツとばっかり会ってるから変わりようがない。

松居:ほうほうほう。

スー:実は人がそんなに得意ではないんですよね。人前に出るのは基本的には好きじゃない。仕事だからやるけど。人前に出たり、華やかな場所に行くのが好きだったりすると、もっといろんなことを経験して考え方に影響が出たりするんでしょうけど、それが皆無なので。環境自体が変わってないんですよ。友達も変わってない、食べるご飯も変わってない。週末は寝ている。新しく知り合った人も、今までの人と同じ感じの人ばかりだし。

松居:へー。

スー:ものを作ることと宣伝は頑張ります。それはちゃんとやらないと、絶対つまらないことになるから。連載を単行本にまとめるときも、多分売り上げはそんなに変わらないけど、かなり手を入れますし。そういうことを優先してると、自己拡張のほうにあまり行かない。

松居:信用できます。

スー:松居さんは自己拡張はどうですか?

松居:大きくしようとしたら大きくならない気がして気にしてないですね。結果的にラジオやったり、小説『またね家族』も書きたいから書きましたけど。

スー:そうだ! 小説も書いたんですよね。ラジオ「JUMP OVER」(J-WAVE)も4年めでしょう。続いてますね。別ジャンルからのオファーで断った仕事はあります?

松居:恋愛リアリティーショー内への出演依頼。あれは断りました。

スー:わはははは! 出演者としてか! 私はテレビのコメンテーターやバラエティはほとんどお断りしています。

松居:自分に来たらどうするだろう。

スー:目立ちたがり屋ではない?

松居:ああだこうだ言うのは苦手ですが、人前に立つ自分は好きだったりします。

スー:フフフ。世界よ自分に注目しろ! って思ってる?

松居:そうですね。ちょっとね。ミーハーなところはありますね。

スー:私にはそれが欠けてるんだよなぁ。人から見られるのが本当に苦手。自己拡張してくために外に出るんじゃなくて、なんならうちにきて欲しい。

松居:それベストですね。

スー:吉田羊さん(テレビ東京毎週金曜深夜0時12分O.A.『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー役)がうちに来てくれたことがあって、吉田さんの気を使わせない心配りもあってそれはすごく楽しかった。でも吉田羊さんの家でパーティーがありますって言われたら行かないと思う。

210421wotopi-0034

情報元リンク: ウートピ
「邪魔おじさん」「現場がいいおばさん」になるのが怖い【ジェーン・スー×松居大悟】

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.