美容・健康の最新記事

在宅勤務で増えている…下痢と痔のセルフケア法【大腸肛門病専門医に聞く】

投稿日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




リモートワーク時の体調の悩みとして、下痢や痔を挙げる人が増えています。そこで、これらをケアする方法について、大腸肛門病専門医・指導医で大阪肛門科診療所(大阪市中央区)の佐々木みのり副院長に連載でお尋ねしています。

第1回のストレスで下痢と痔のダブルパンチ…どうすればいい? では、ストレスで下痢をする原因について、また、痔は便秘が続くときになりやすいと思われがちだけれど、実は下痢でも発症することとその理由、さらに痔の種類と、下痢の場合は切れ痔になりやすいことなどを教えてもらいました。

今回は、そうなった場合のケア法と予防法について聞きました。

おしりに痛み、ヒリヒリ、違和感があるのは痔の予兆

——読者の中にも「下痢が続いて切れ痔になった」という人は多く、なんともつらいという体験談を耳にしています。

佐々木医師: 切れ痔の場合、前回にお話ししたように、排便時には強く痛み、デスクワークなどで座っているだけでもじんじんと痛むことがあります。それに出血をして便器が赤く染まることがあるので、とくに初めて経験した人はびっくりされるでしょう。

——切れ痔は便秘のときにも多いと聞きます。

佐々木医師: そうです。コロナ禍ではストレスから下痢の人が増えましたが、平時は便秘で悩む人のほうが多く、切れ痔の最大の原因は便秘です。トイレにいる時間が長くなって、いきむことが多いでしょう。下痢の場合と同じで、肛門周辺の血管がうっ血する、また皮膚(ひふ)が荒れて裂けるわけです。そして、便秘は女性に多いので、切れ痔は女性に多い症状になります。

画像提供:大阪肛門科診療所(転載禁止)

画像提供:大阪肛門科診療所(転載禁止)

——リモートワークで座っている時間が長く、痔が再発したという人もいます。痔には予兆はないのでしょうか。

佐々木医師: 急な下痢なら一度で痔になる患者さんもいます。原因は前回もお話ししたように、肛門にかかる圧力が強くなって炎症を引き起こすことですが、下痢が1 ・2日続いた場合や、デスクワークで座っている時間が長いと、なんだかおしりに鈍い痛みがある、ヒリヒリするなど、予兆を感じることがあるでしょう。そんなときは、皮膚が荒れたり、負担がかかっていたりして肛門がうっ血しはじめていると察してください。

トイレは5分以内で、温水洗浄は過剰にしない

——下痢の場合、トイレに行く回数が増えます。痔を予防するにはどうすればいいでしょうか。

佐々木医師: まずトイレでは、「長く座り続けないでできるだけ早く出る」ようにしてください。洋式の便器は、形状からして肛門がうっ血しやすいのです。下痢の場合はさっさと引き上げるのが難しいかもしれませんが、便秘の場合は長時間いきむことはせず、5分以内には引き上げましょう。

また、温水洗浄便座の使用法には注意が必要です。下痢でも便秘でも、10秒以上の洗浄は避けて、いちばんゆるい水流で、さっと使うだけにとどめてください。「温水がしみる」などの症状がある場合は使用を中止しましょう。洗いすぎると、本来必要な皮脂や常在菌を洗い流すことになり、乾燥して皮膚のバリアー機能が損なわれます。肛門はその機能からして、洗う必要がない部位だということを覚えておきましょう。とくに肛門周囲の皮膚は目の周りと同じくらい薄くてデリケートです。洗うとすぐに荒れる可能性が高くなります。

とくに下痢の場合、どうも不潔感があるからといって神経質になり、長時間洗いがちになる患者さんがいますが、温水洗浄では数秒で洗い流せます。温水で洗いすぎると皮膚の第一次バリアーである皮脂膜がはがれ落ち、かえって症状が悪化することもあります。

うつ伏せはNG。横向きで休もう

——痔の予兆があったり、トイレから出た後におしりの痛みが続いたりする場合、椅子に座るのが怖くなります。どうすればいいでしょうか。

佐々木医師: すぐにソファなどに横になって休んで下さい。下痢や便秘による切れ痔の初期の場合は、わりと短時間で楽になるはずです。このとき、うつ伏せになる人は多いのですが、実はうつ伏せは腹部の血管を圧迫するので肛門がうっ血します。うつ伏せで休むのは避けてください。痔の手術後の患者さんたちは、うつ伏せより横向きが楽だと言われます。

ライターによるまとめ

下痢や便秘では肛門にかかる圧力が強いために切れ痔になりやすいこと、長時間のデスクワークでおしりが痛くなってきたら肛門がうっ血していること、それは痔の予兆であるということです。トイレは5分以内に引き上げ、温水洗浄便座は10秒以内の使用にとどめる、そして痛みがあるときはうつ伏せではなく横向きに休もうということです。リモートワーク時、ぜひ実践したいものです。

次回・第3回では、さらに自分でできる予防法についてご紹介します。

(取材・文 品川緑/ユンブル)

情報元リンク: ウートピ
在宅勤務で増えている…下痢と痔のセルフケア法【大腸肛門病専門医に聞く】

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容・健康の最新記事
-

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.