健康 名医のTHE太鼓判 視力改善・目の健康対策

名医のTHE太鼓判 老眼・近視・白内障 症状と改善法 2018/1/22

更新日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




 

今回の「名医のTHE太鼓判!」は、
目の寿命は…70歳 スッキリ若返りSP
★老眼・近視・白内障 
(2018年1月29日 19時00分~21時00分)です。

目の健康寿命は70歳といわれている。近視・老眼・白内障・
ドライアイなど目にまつわる問題を解明!

しかし、なぜ目は加齢とともに病気になるのでしょうか?
そしてそれを改善(老化を防ぐ)方法とは?

このブログでは最もなる確率の高い「老眼」にスポットを
あてたいと思います。

 

目はなぜ老化するのか

老眼はなんと早い人では40歳ぐらいから始まり、だいたい60歳ぐらいまで
老化が進行します。
実際に老眼の症状を自覚するのは平均45歳ぐらいだそうです。

そういえばよくダウンタウンの番組で、浜ちゃんやココリコ遠藤の
老眼で笑いを取っていますよね!?

老眼は、加齢とともに、目の中にある「水晶体」の弾力性が低下して硬くなって
くることや、その水晶体を支える「毛様体筋」の働きが衰え、
ピントを合わせる調整機能が低下することが原因だそうです。

あなたの「老眼」の進行度はどれくらいか
チェックしてみましょう!
「暮らしあと押し EO」様のサイトに、老化チェックがありましたので
試してみてくださいね。

 

目の「老化」を防ぐ方法は?

目の老化を予防したり、老眼の進行を遅らせるためには、
食事や生活習慣を見直すことが第一です!
特にスマホやパソコン、ストレスなどは肉体とともに目の健康に
大きく影響します。

1.目を休ませる

ときどき目を閉じたり遠くを見るなどして、目を潤わせる必要があります。
パソコンやスマートフォンを使う作業はとくに目が疲れますので、
作業の1時間おきに10分程度の休憩を取ることをおすすめします。

 

2.睡眠と栄養を十分にとる

目の疲れを回復するには、十分な睡眠と栄養が必要です。栄養バランスのよい食事を
基本に、目にいいといわれるビタミンA、B群、ルテインなどを積極的にとりましょう。

 

ルテイン
目の水晶体にもともとある物質で、強い抗酸化作用があります。
ほうれん草やにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

アスタキサンチン
目のピント調節の改善が期待される、抗酸化作用の強い物質です。
サケやイクラ、カニ、エビなどに多く含まれています。

ビタミンB1、ビタミンC
ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる働きがあり、
目の疲れをやわらげるのにいいでしょう。豚肉、うなぎ、
玄米などに多く含まれています。

また水晶体には多くのビタミンCが含まれているため、ビタミンCも
しっかり摂るようにします。赤ピーマンや黄ピーマン、
パセリなどの野菜やキウイやグレープフルーツなどのフルーツに多く含まれています。

 

◎海外の高品質・低価格サプリメント

https://jp.iherb.com

全商品5%割引クーポンコード:CRK258

 

3.運動やストレッチをする

軽い運動やストレッチは血行をよくし、目の疲れを回復させます。
目や首のまわりだけでなく全身を動かすことで血液の循環がよりよくなります。

 

4.スマホ・PC環境を見直す

スマートフォンやパソコンの画面は、目から40cm以上離すことが
推奨されています。パソコンの画面は中央が目よりやや下になるように
設置すると、目への負担が減ります。

画面が明るすぎると目が疲れるので、明るさ(輝度)を低めに設定しましょう。

またスマートフォンやパソコンの画面からは「ブルーライト」と呼ばれる
強い光が出ています。このブルーライトは紫外線と同様、目にダメージを与えます。
紫外線やブルーライト、または両方をカットするメガネやフィルムがありますので、
利用するといいですよ。

 

「老眼予防」を楽天で検索

「老眼予防」をamazonで検索

 

最後に沢井製薬さんのホームページに「疲れ目ツボマッサージ」の方法が
ありましたので、貼っておきます。

 

この記事を書いていたら、自分の目も若返るような気がしてきました!

それではまた^^

 

 

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-健康, 名医のTHE太鼓判, 視力改善・目の健康対策

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.