健康カプセル!ゲンキの時間

健康カプセル!ゲンキの時間 隠れ脳梗塞 対策法

更新日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




 

今回の、健康カプセル!ゲンキの時間 は
【~じわじわと脳を蝕む~「隠れ脳梗塞」の恐怖】
2018年7月22日(日) 7時00分~7時30分 です。

今回は、「隠れ脳梗塞」の原因となる生活習慣と、
脳の神経を再生させる最新治療を紹介します。

 

【番組の内容です】

▼一般人の脳をチェック!全員に「隠れ脳梗塞」が発覚
▼「隠れ脳梗塞」を多発させる!悪い生活習慣とは?
▼血液中の赤血球が固まる!夏に多い理由とは?

▼飲酒!睡眠!要注意
▼放置は危険!「脳梗塞」の予兆
▼死んだ脳の神経細胞が再生!医療の常識を覆した最新研究とは?

 

「隠れ脳梗塞」とは

「隠れ脳梗塞」とは、症状はないけれど、CT(コンピューター断層撮影)や
MRI(磁気共鳴画像)検査で見つかる脳梗塞のことでだそうです。

医学的には、「無症候性脳梗塞」と言います。

高齢者に多く、脳ドック受診者のうち、50歳代は約1割、60歳代は約2割、
70歳代は約3割の方に見つかります。高血圧の人は、正常血圧の人に比べて
約3倍「隠れ脳梗塞」になりやすいことが分かっています。

なんと「脳梗塞」は夏に多いようです。

治療が遅れると死に至ることが多い病気ですが、実は本人も気づかないうちに、
じわじわと進行する「隠れ脳梗塞」というものがあるのです。

 

よし子
怖いですね。。。

 

隠れ脳梗塞の対策

隠れ脳梗塞が増えないようにするには、血圧の管理が最も重要です。
かかりつけ医で血圧を測定してもらい、血圧が高い場合は、
生活習慣の改善や降圧薬の内服によって適正な血圧にしてください。

生活習慣の改善としては、禁煙、節酒、塩分控えめの食事、肥満の改善、
有酸素運動などが有効です。

 

『隠れ脳梗塞は自分で治す』をamazonで見てみる

『隠れ脳梗塞は自分で治す』を楽天で見てみる

 

若い方にも多くなって来ている脳梗塞

現代人に脳梗塞が増えた原因は肥満と塩分の取り過ぎ、
そしてなんといっても過大なストレスにあると言えます。

「動脈硬化は、加齢に加え、肥満や生活習慣の乱れによって引き起こされます。
また、塩分をたくさん摂取すると血液中の水分が増え、血圧が高くなってしまいます。
血圧が高いと血管もボロボロになり、血の流れが滞るようになって、
血栓ができやすくなります」

 

 

現代人の生活習慣も大きく影響している

食生活が欧米化したことによって、カロリーを取り過ぎてしまう人が増加。
24時間営業のコンビニやファ ミリーレストラン、手軽に食べられるファーストフードなどで
外食する機会も増えました。

こうした場での外食が増えると、どうしても栄養は偏りがちです。
さらに、交通機関が発達して便利になったことで、運動不足に陥る人も増えました。

「これまで脳梗塞は動脈硬化の起こりやすさから高齢者に
多い病気とされてきましたが、生活習慣の変化によって、体の変化が始まる30代から
発症のリスクが高まってきている」と近年の傾向について、
比較的若い世代に向けても警鐘を鳴らしています。

若いからと油断して不摂生な生活を続けている人は、
いつ脳梗塞が起こってもおかしくない、と考えておいた方が良さそうです。

 

 

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-健康カプセル!ゲンキの時間
-,

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.