主治医が見つかる診療所 健康 血管年齢

主治医が見つかる診療所 血管を改善して10歳若返る秘策 玉ねぎで血液サラサラ

更新日:

(PCのみ)投稿ページタイトル下




 

今週の「主治医が見つかる診療所」は、
【最新!血管を改善して10歳若返る秘策を大公開SP】
放送日時:2018年1月18日(木)19:58~21:48
です。

寒い時期は血管が収縮して血流が滞っているのではないかと
心配になりますよね。運動するにもおっくうになってしまいます。

そこで今回は、若さと健康の最大のカギ「毛細血管」の特集です!
同窓会でもなぜか圧倒的に若い方、たまにいらっしゃいますよね?
その反対に圧倒的に老けている方もいる。その違いは何なんでしょうか?

その答えが 「毛細血管」にあります。

 

加齢とともに減り続ける「毛細血管」

実は毛細血管は、年齢と共に減ってゆくため、肌など体中の細胞が酸素&栄養不足に
なってしまい大問題! 「血管ケア」で老いと病気を食い止めよう!

毛細血管が減ってしまうと血流が減り、

そこで今、大きく注目され始めたのが「毛細血管ケア」という新発想です。
毛細血管を若い状態でキープすることで老いや病を防ぎ、
アンチエイジングの切り札とするものです。

カギとなる「血流アップの運動」や「食べもの」など
「血管ケア」で老いと病気を食い止めましょう!

加齢とともに減り続ける「毛細血管」ですが、その逆に
いくつになっても増やすことができます!

 

「毛細血管」の減少=老化

「毛細血管」の減少=加齢による「運動量の減少」です。
以下の症状はそのために起きる体の変化です。
(その他、タバコや暴飲暴食なども原因です)

あなたはいくつ当てはまりますか?

1.最近白髪が増えた
2.目が疲れやすくなった
3.目の下にクマができやすくなった
4.体がむくむ事が増えてきた
5.しっかり睡眠をとっても翌朝疲れが抜けなくなった

 

 

 

 

「毛細血管」を増やす方法とは?(運動編)

一番効果のある方法は、運動すること。
もともと運動不足(または運動量の減少)により、減っていく血管ですので
運動をすることで、増やすことができます。

以前「ガッテン」でも紹介されていましたが、毛細血管の減少や劣化を防ぎたい!
なんとか復活させたい!そんな願いにこたえるカギは『血流UP』です。

実は毛細血管は、年とともに、細胞同士の「接着」が甘くなってしまいます。
すると血液が途中で漏れ出してしまい、毛細血管の劣化を引きおこします。

しかし日ごろから十分な血流があると、細胞がお互いにくっつきあって、
血液の漏れを防ぎ、健康な毛細血管を生み出してくれるのです。

いつでもどこでもラクチンに血流を上げられガッテン流は、『その場スキップ』です。
ポイントは、第2の心臓と言われる『ふくらはぎ』のポンプ機能。
スキップすることでふくらはぎのポンプ機能を強め、
足の下の方から血液を戻す力を高める効果が期待出来ます。

また上の動画でも説明していましたが、1日15分のウォーキングでも
良いようです。

また今回の放送では「毛細血管」を増やすヨガもやっていました。

 

「毛細血管」を増やす方法とは?(食べもの編)

日常的に野菜や魚を採っている方は大丈夫なようです。
日本食は元々、血管を丈夫にする=長生きをする には絶好の食体系
ですからね。

以下、とくに「毛細血管」を増やす食材です。

*玉ねぎ(成分:アリシン、セレン、ケルセチン)
*トマト(成分:ビタミンC・E、カロテノイド、リコピン)
*豚肉(成分:オレイン酸)
*青魚(成分:DHAとEPAなどビタミンE)
*納豆(成分:豆タンパク、ナットウキナーゼ)

 

「毛細血管」をamazonで調べる

「毛細血管」を楽天で調べる

 

【番組詳細】
2018年1月18日放送
血管を改善して、10歳若く見られる!
同じ年齢でも、“若々しく見える人”と“老けて見える人”がいるのを
不思議に思ったことはありませんか?それは、もしかしたら「毛細血管」が
原因かもしれません。

そこで今回は、「10歳若く見られるようになるぞプロジェクト」として、
“家の中で”“簡単に”“わずかな時間で”できる、毛細血管を中心に全身の血管を
若返らせる方法を2時間たっぷりお伝えします!

 

記事下1:アドセンス+忍者

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-主治医が見つかる診療所, 健康, 血管年齢

Copyright© 独女の健康・美容テレビ番組ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.